◇第100回全国高校野球選手権記念大会第8日・2回戦 星稜11―13済美(2018年8月12日 甲子園)

「頼むから切れてくれ」。右翼を守る星稜(石川)・竹谷主将の悲痛な叫びもむなしく、頭上を襲った打球は右翼ポールを直撃した。タイブレークで2点リードした延長13回に6番手の寺沢が矢野に逆転サヨナラ満塁アーチを被弾。

林和成監督は「これが野球、これが甲子園。済美の選手たちの1球に対する集中力と、球場の歓声にのまれてしまった。勝たせてあげられなかったのは、私の力のなさ」と言った。

最速150キロを誇る2年生エースに起こったアクシデントから歯車が狂い始めた。初回に5点を先制。だが先発の奥川が右ふくらはぎをつったため、わずか4回で降板した。「最後まで投げたかったけど、監督から“無理するな”と言われた。自分が情けない」。

8失点で一時逆転された8回は4番手の竹谷主将が打者7人から1死しか取れずに右翼の守備へ戻ったが、投球練習の時点で両足をつっていた。指揮官は「うちの選手はこれまで一度も試合中に足がつったことはなかった。甲子園では地方大会にはない消耗があるのでしょう」とかばった。

星稜らしい粘りも随所に見せた。2点を追う9回は竹谷主将、鯰田(なまずた)の適時打で延長戦に持ち込む。同点打の鯰田は「気持ちで打ちました」。

12回1死満塁の大ピンチでは寺沢が「キャッチャーミットを目掛けて投げるだけだった」と2者連続の見逃し三振で切り抜けた。タイブレークの13回は2点を勝ち越して再び勝利をつかみかけたが、悲劇が訪れた。

OBの松井秀喜氏が始球式を務めた開幕戦に勝ったが、大会史上初の逆転サヨナラ満塁本塁打を浴びた。涙を浮かべた竹谷主将は、松井氏に伝えたいことを聞かれると「優勝できなくてすみません」と謝った。4回で降板した奥川も、痛恨の一発を浴びた寺沢もまだ2年生。この無念を晴らす機会はある。 (石丸 泰士)

≪星稜“悲劇”のアラカルト≫

★痛恨の転倒 79年夏、箕島(和歌山)との3回戦。2―2で迎えた延長16回に勝ち越したが、その裏2死からファウルゾーンに上がった飛球を一塁手の加藤直樹が土と人工芝との切れ目で転倒して捕れず、命拾いした森川康弘に同点弾を浴びた。18回に堅田外司昭が打たれサヨナラ負け。

★一度も振れず 92年夏2回戦。4番・松井秀喜を強く警戒した明徳義塾(高知)の馬淵史郎監督は、バッテリーに徹底的に勝負を避けるよう指示。5打席、1球もストライクを投げず全て四球とした。優勝候補だったが2―3で敗れ、松井の高校生活も終わった。


スポンサーリンク


みんなのコメント

1 :lor*****:2018/08/13(月)09:00:32
目が離せない、劇的ないい試合でした。ありがとう。
2 :m*****m:2018/08/13(月)08:59:41
条件はどこも同じと思うが、こんな状況の中で、選手も役員も応援団、観客も誰が倒れてもおかしくない状況だと思います。これからも精神論でずっとやるんですかね。朝日新聞社は金出して、ドーム球場にでもしたら良いと思うが!
3 :wrb*****:2018/08/13(月)08:59:24
条件は相手も同じ。星稜ばかり足がつるのは、星稜側に問題がある。監督は猛省して、同じ過ちを繰り返さないで欲しい。
4 :yan*****:2018/08/13(月)08:58:22
未だに甲子園球場でやりたいと言う高校生が多数なんんだから暑さ対策位各校、各選手自身でどうにかしろよ。そんな事も出来ずに甲子園でやりたいとかないわ。
5 :ter*****:2018/08/13(月)08:57:35
奥川君は足がつって降板。竹谷君は足がつってるのに登板。はい、意味不明の迷采配ですね。
6 :hfx*****:2018/08/13(月)08:56:53
酷暑のせいでしょ。こういう過度の神聖化が今の夏の甲子園問題を解決出来ない方向に持って行ってる
7 :sos*****:2018/08/13(月)08:54:09
エースが足をつるアクシデントがなければ星稜が勝ってたかな。監督不行き届きだよ。
8 :roa*****:2018/08/13(月)08:54:05
圧倒的強さで地方大会を勝ち上がり一球の怖さを知らないまま甲子園に来て前半も圧勝。買った気でいた後半に足元すくわれたね。これは石川県の野球レベルに問題あり。
9 :夢精する時の夢っておしっこする夢だよね♪:2018/08/13(月)08:53:55
他の試合でも同じ事起きてるしな。そもそも選手が足つるのを平然と黙認するスポーツって何?狂ってる。主審も熱中症になってんじゃねーか。それでも「甲子園」で大会やり続けんのかよ?頭おかしいわ。
10 :sur*****:2018/08/13(月)08:53:16
足がつるのは仕方ないと思う。体調管理をしっかりしてもつる時はつる。問題は監督。アクシデントがあった投手を交替することは正しいが、わざわざ炎天下で外野を守っていた選手をマウンドに上げる必要はない。
ブルペンで調整できてた投手もいたなかでなぜに彼を外野からマウンドにあげるのか。外野からマウンドに上がった彼は去年の夏は良かったけど、今年は不調。今年は甲子園に出れたからマシだが、
去年は好調だった彼を交替させて舐めた継投をして航空石川に5点差を追いつかれてサヨナラ負けして甲子園にも出れなかった。教訓にしてなかったようだ。体調管理も大事だが、監督のリハビリも必要だね。済美の監督は、“あの時”の明徳の選手だったが、星稜は明徳には一生勝てないと痛感した試合。
11 :jac*****:2018/08/13(月)08:51:25
足つってるのにスポーツやる馬鹿ども
12 :kaz*****:2018/08/13(月)08:50:59
条件は同じだけど、暑さと湿度が体力の消耗を促進させるもんな…。土埃対策で水を撒くのは当然なんだけど、それが更に纏わりつくような不快感を与え選手たちの発汗の邪魔して体力を消耗させる。
13 :wao*****:2018/08/13(月)08:50:53
それを考えたら済美高校の投手は最後まで投げてすごいよ
14 :正論おじさん:2018/08/13(月)08:49:59
それはどのチームも同じだけどね。昨日の敗戦は監督の継投ミスだよ。
15 :cbc*****:2018/08/13(月)08:49:10
消耗ではなく、熱中症
16 :miz*****:2018/08/13(月)08:46:56
これだけひっくり返されたら、済美のほうが強かったとゆうこと。
17 :min*****:2018/08/13(月)08:46:31
おそらく今年ベストゲームだろうなぁお疲れ様でした
18 :shi*****:2018/08/13(月)08:46:13
どちらも同じ条件の下の試合。お疲れ様でした。
19 :tet*****:2018/08/13(月)08:45:47
油断だろ!足がつったとか言い訳監督の采配ミス
20 ::2018/08/13(月)08:43:57
この時期の高校野球って100年も続いているので中々時期を変えられ無いと思います!この以上な暑さを考慮して時期をずらすべきではと思います!難しいでしょけどね!故障者続出では高野連の言うようなフェアプレーに反している所もある。しかし夏休みの間にやるのがベストだしね。難しいけど何か良い時期方法があると思います!
21 :mer*****:2018/08/13(月)08:42:36
足がつるって水分やミネラル不足によって起こるものだから熱中症の一歩手前というか初期症状なんだよ結局今の暑さは野球が出来る環境ではないよ
22 :*****:2018/08/13(月)08:41:09
昔のように水を飲まない飲んだらぶん殴る精神訓練は必要。弱いから脚を吊る。鍛えろ
23 :みどりん:2018/08/13(月)08:40:59
これを機会に星稜と済美のOB定期戦して交流を深めてほしい
24 :tra*****:2018/08/13(月)08:40:09
最も暑い季節の日中にやることに何の意味がある?
25 :err*****:2018/08/13(月)08:39:52
普段ツッたことがないのにツッたのは熱中症が原因ではないのか?明らかに水分補給とミネラル補給が追いついてなかったんじゃないか。暑さと緊張で症状を起こしやすくなったんだろう。もっと選手の体調管理をしっかりしないと。それ以前に暑すぎる時期に行うのはどうか。
26 :日本大好き:2018/08/13(月)08:37:53
もうドームでやりませんか?
27 :mt0*****:2018/08/13(月)08:37:12
この猛暑で開催することを考え直すいい機会だと思う


スポンサーリンク


28 :mob*****:2018/08/13(月)08:35:52
あの左腕 アンダースローでリベンジへ
29 :kkk*****:2018/08/13(月)08:35:18
足っつてるのは心理的な消耗よりも酷暑による脱水では?沖縄の選手と北陸の選手では暑さ耐性の違いは明らか。
30 :set*****:2018/08/13(月)08:35:08
酷暑で無理をさせるということは、ベストコンディションでプレーさせられないということ。エースの足がつらなければ…といった思いを選手や監督に抱かせる。
31 :a_k*****:2018/08/13(月)08:33:30
暑さからくる身体的なものもあるでしょうけど、やはり地方大会以上の緊張感が身体にも伝わっているのでしょうね。緊張して力が入って硬くなっているという精神的なもの以外にも、筋肉の強張りとかあるんだと思う。それが一気に解けると身体も痙攣したりするのではないでしょうか。
32 :kor*****:2018/08/13(月)08:32:57
水分補給はよく見かけるから大丈夫なんやろうけど、脚攣るなら塩分が足りてないんやろう塩のタブレットをこまめに食べるとええで
33 :pcv*****:2018/08/13(月)08:32:57
サッカー選手も疲労がたまると足がつる
34 :mat*****:2018/08/13(月)08:29:32
笑福亭足のつる平。
35 :axe*****:2018/08/13(月)08:29:25
済美の監督は、松井の時の明徳の3塁コーチ。なんか因縁あるなあ。
36 :jac*****:2018/08/13(月)08:28:30
迷采配でしたね
37 :z:2018/08/13(月)08:27:42
勝てた試合だったのに
38 :sol*****:2018/08/13(月)08:25:22
ミネラル分、特にナトリウムやカリウム摂取量が不足していたのでは?試合当日や前日だけでなく、普段の食生活から見直せば??
39 :sta*****:2018/08/13(月)08:25:13
タイブレークは良いことだと思う。ただ規定の最初のランナー2人がホームを踏んだ点はプラスの参考記録として表現すべきかな。
初の逆転満塁サヨナラと騒ぐけどランナー2人は規定で作られたランナーだよねあと選手の体調云々ならタイブレーク以前に投球数制限(特に連投の場合は)を導入すべき、済美のピッチャーは180球以上しかも全試合1人でって尋常じゃない
40 :hiroshi47:2018/08/13(月)08:22:16
温暖化でますます日中のスポーツが危険な状況になっている昨今。野球だけ甲子園にこだわる必要性があるのか。冬のサッカーでも、埼玉スタジアムで行われる準決勝以降までは、神奈川・埼玉・千葉周辺のサッカー場で試合をしています。
ラグビーは花園では行われていますが、第1・第2・第3グラウンドを使って、試合をしています。もっと、高校生の体を考えて、プログラムを再編しませんか?
41 :リキチガイ:2018/08/13(月)08:17:43
試合前の投球練習で両足が攣るとか異常事態。水分ミネラル補給不足なのか?初戦から2回戦までの間に炎天下の中で練習させ過ぎて疲労が取れなかったのか?
42 :sei*****:2018/08/13(月)08:16:39
いや走り込み不足だろ!
43 :shi*****:2018/08/13(月)08:15:27
味方の攻撃の時もキャッチボールしてる投手はかなりの負担。プレー以外でも全力疾走したりしてほぼ休める時間が無い。
44 :irv*****:2018/08/13(月)08:12:51
今のところ今年1番のベストゲーム。歴史にも残るんじゃないか?
45 :k27*****:2018/08/13(月)08:12:34
足がつって降板した投手はさぞかし無念だっただろうが、この先の野球人生を考えると監督に感謝する日が来るかも知れない。相手校の投手はこの時代に炎天下で200球近い球数を投げている。野球人生が短く終わらない事を祈ります。
46 :diy*****:2018/08/13(月)08:12:32
大丈夫、熱中症で後遺症が残ろうが、死のうが朝日新聞が戦時中の様に美談にして報じてくれるから
47 :kikurin:2018/08/13(月)08:12:28
星稜の加藤君は、金八先生の加藤君とほぼ同時期に話題になった。二人とも大人になってビジネスマンになったが、どちらも「僕があの加藤です」というと、誰もがわかってくれて、一気に打ち解けると言っていたな。
48 :don*****:2018/08/13(月)08:08:59
最後の補足見ていて、加藤さんは息子さんが同じ星稜高校で甲子園に出たり、堅田さんは当時の審判から試合で使用したボールと温かい言葉をもらったことを契機に後に高校野球の審判になったりと星稜高校には何だかんだ色んなドラマがある。
49 :無題:2018/08/13(月)08:06:43
甲子園ではなく、甲子園ドームに建設したら?
50 :春休み:2018/08/13(月)08:05:33
これだけ暑いと怪我人が出てもしょうがない
51 :phj*****:2018/08/13(月)08:05:18
監督がアホやと甲子園は勝てんなせっかく良い戦力揃ってたのに
52 :cs4*****:2018/08/13(月)08:04:39
足がつったらゲームにならないではないか.はつらつプレーどころではない.辛抱比べを見て何になる.
53 :nor*****:2018/08/13(月)08:04:12
投手継投は結果論だから仕方ないけど、タラレバで言ったら星稜2番手の佐藤投手にバッターがタイミングがあってなかったから、もう少し投げさせても良かったかもね。
54 :tan*****:2018/08/13(月)08:02:35
今年の暑さは異常。選手達もきちんと対策はしていたと思うが想定外の気候が選手達を襲った。
55 :かがやき:2018/08/13(月)07:58:18
星稜は過去何回も高校野球らしいドラマを見せてくれます。負けても清々しいですね。5打席連続敬遠の明徳の時の選手が監督のチームに正々堂々と戦って負けました。
56 :yos*****:2018/08/13(月)07:57:06
タラレバですが、8回の継投をもう少しうまくやっていれば、という思いはあります。監督さんもいい経験をされたでしょうから、今後の采配に活かして欲しいですね。
57 :req*****:2018/08/13(月)07:54:17
熱中症をなんとか美談にしようとしてるそれだけ人体に影響がある危険な暑さということ。夏の大会辞めて春だけにすればいい大会はやってるんだから
58 :yo*****c:2018/08/13(月)07:52:06
こんな酷暑でやる意味あるのか?近年の夏の暑さは尋常じゃない。気象庁もこの暑さを災害レベルだって言ってる。そんな中球児にやらせるなんか死ねと言ってるも同然。連盟の上層部のおじいちゃん達は冷房の効いた場所から観戦してんじゃないの?甲子園の入場料の金集めに必死過ぎて球児たちの体調が二の次さんの次になってるよね?
59 :mam*****:2018/08/13(月)07:51:58
濟美の監督は、松井さんを5敬遠したチームの選手だったとのこと、何故、星陵には、ドラマが起こるのか?やはり、四国の選手の方が、暑さに強いのではないか?
60 :cho*****:2018/08/13(月)07:50:11
地方大会と違い、甲子園は応援がうるさ過ぎる。ブラバンの発表会か !アメリカみたいな応援に代えるべき。


スポンサーリンク


注目ニュース