「退院の準備に向けて、外出のトレーニングをしましょうかという話。先週の木曜日(22日)には、会社にも出てきた」。

28日、東京都内のホテルでプロ野球12球団のオーナー会議が行われた後、巨人の山口寿一オーナーが、入院中の渡辺恒雄(92)・読売新聞グループ本社主筆の状態について明かした。

「うちの新聞社にも、取材が殺到しました」

山口オーナーが振り返るのは、16日のこと。渡辺主筆の容体に関する「デマが流れた」と言う。「亡くなったということもあり得ないし、危篤でさえない。事実とまったく違う方向の情報が流れた」

なぜ、誤った情報が出回ったのか。山口オーナーは「宮崎の秋季キャンプで、原監督が最終日(18日)を待たずに、宮崎を離れたということではないか」と指摘。

「あれは全く別の用事。監督になる以前から、決まっていた」と強調した。渡辺主筆については「しばらくは病院と会社の往復になるでしょうけど、おいおい職場に戻ってくると思います」。

また7月から入院している元監督の長嶋茂雄さん(82)についても「回復に向かっていると聞いている。一進一退の状態ではない。

胆石を取り除く間に、他のところの体調がすぐれないことがあり、入院が長引いてしまっている」と話した。


スポンサーリンク


ネットの反応

1.
ツイッターもヤフコメも1人1アカウントにして、妙ないいねやRTが過剰に増えない様に対応すべきだ。アカウントと個人情報の紐付けなども検討すべき。
2.
人間いずれは死ぬんだし
あり得ないことでは無いと思うけど
表現の仕方に違和感があるなぁ。
3.
ずーとゆっくりしててくださいね!
読売も妖怪と心中した結果が今のザマ
4.
これで、俺のアンチ読売新聞、アンチスポーツ報知、アンチ読売巨人軍が続くな・・・
5.
球団を持っている新聞社のオーナーはなぜ自ら経営から退く事をしないんだろうか?
6.
原監督がキャンプ途中に宮崎離れるなんて
余程のことがあったんではないかと思うのが普通だから、そのようなデマになったんだろう。
キャンプを離れる理由をマスコミにきちんと伝えれば、このようなデマは流れなかった。
7.
これがフェイクニュースだろ。
8.
菅野完は、どう落とし前をつけるのかな?
9.
大衆の希望が重なったか
10.
長嶋さんは凄い人だと思います。
身体の自由が利かなくなっても、公の場に何回も元気な姿を見せてくださって、野球に対する熱意は素晴らしいと思います。また元気な姿を見せて頂きたいです。
11.
長嶋さんは凄い人だと思います。
身体の自由が利かなくなっても、公の場に何回も元気な姿を見せてくださって、野球に対する熱意は素晴らしいと思います。また元気な姿を見せて頂きたいです。
12.
まだいたの。どうでも良いよ。
13.
池田大作もね。
14.
出て来なくていいですよ。元気そうには見えない、力が入っていない。
野球界も相撲界もナベツネにはやられたよ。
15.
惜しい人を亡くしました(棒


スポンサーリンク


16.
中曽根康弘「渡辺君は本当に元気だねぇ」
17.
ナベツネさんにしても長嶋さんにしても、「本人コメント」が出ていない。
本人コメントすら発せられない状態だということですよ。
長くはないでしょうね・・・
18.
ほんとにしぶといジジイだな
19.
デマだろうがそうでなかろうがどうでもいい。今さらw
20.
悪質な嘘は罰しましょう。
自由の国でもこれはいけない。
21.
朝日のデマの方も酷すぎだ!
22.
こいつが死ねばジャイアンツもマシいなるだろう。
23.
長嶋さんの快復を祈っております。
24.
デマじゃなくて、「ほぼすべてのプロ野球ファンの願望」の間違いでしょ?
25.
残念だがそう遠い話ではあるまいw
26.
aging disgarcefuly.
27.
残念だけどこれで巨人の優勝は無くなったな
28.
ほんとになる日も近いだろうな……
29.
諸悪の根元。
デマであったことに落胆している人が多いでしょう。
憎まれっ子世にはばかるとはよくいったもんだ
30.
大作ちゃんは元気かな?


スポンサーリンク


注目ニュース