突然ですが、山梨県にまつわる話をお届けする「山梨フカボリ特集」を始めました。今回は「敵に塩を送る」という故事についてです。

たとえ敵でも困っていれば助ける。戦国時代、越後の上杉謙信がライバル・甲斐の武田信玄に塩を送ったという逸話が基になっています。いかにも日本人の好きそうなストーリーですが、本当にあったできごとなのでしょうか? (朝日新聞甲府総局記者・田中基之)

塩を送った記述はあるのか?
この話の発端になっているのは、「塩留め」です。

<塩留め>1567年、甲斐、駿河、相模の「三国同盟」が崩れ、駿河の今川氏真が相模の北条氏康と組み、甲斐の武田信玄へ塩を売ることを禁止した。

海のない甲斐の人々は、必需品の塩が手に入らないと本当に困ったことでしょう。

謙信の地元越後の古文書に塩を送った記述がないか、新潟県の上越市公文書センターの学芸員、福原圭一さんに尋ねてみました。

「史実ではありません」(きっぱり!)
福原さんは、「戦国時代の資料では、塩を送ったという文書や塩などの流通に関する文書は一切ありません。歴史的な事実ではありません」ときっぱり。

塩の故事が書かれているのは1696年の「謙信公御年譜」だといいます。この文書が完成したのは上杉家が越後から米沢に移った後です。

「ありました」(あるの?!)
それならばと、山形県の米沢市上杉博物館の学芸員、角屋由美子さんにお願いして調べてもらいました。

すると、「ありました」。

うれしい返答に、期待が高まります。御年譜によると、謙信は次のように語ったようです。

「今川氏真から塩を留めるように頼まれたが、甲斐の人たちが苦しむだろう。氏真の手段は浅はかだ。人道に背くことはできない。信玄とは弓矢で戦う。以前と同じように信玄の領地に塩を送るように」

「史実として受け止めてはいません」(えー!)
やはり、本当だったんだ……そう思いましたが、角屋さんに否定されました。

「これを史実として受け止めてはいません。謙信公御年譜の記述は、最近の研究では間違いがあることがわかってきました」

何をもとにこの部分が書かれたのかわかりませんが、上杉家の歴史をつづる中で脚色された可能性があるようです。


スポンサーリンク


みんなのコメント

1 :kou*****:2018/07/17(火)15:58:17
歴史的事件や事象があった当時から時間が経った資料ほど詳細な記述がなされ記述の量が増えるんだとか それだけ『話が盛られる』ということ(笑)
2 :アキオ・フィルツ:2018/07/17(火)15:52:30
実際には上杉謙信や武田信玄自体も空想の人物だよ
3 :myo*****:2018/07/17(火)15:48:53
明確にされている史実や年はしっかり覚えて、Ifの部分は考察に留め相手に押し売りはしない。それが歴史の楽しみ方だと思います。
4 :mar*****:2018/07/17(火)15:44:23
まあ信玄を恨む祈祷をしてるぐらいだからな、領土と人命を削り合って戦っているのに美しいライバル関係なんか出来るわけない。仮に塩を止めても当時は友好関係にあった織田から仕入れるだろうし致命傷にはならん
5 :名無しさん:2018/07/17(火)15:37:29
しおしおのパー
6 :bow*****:2018/07/17(火)15:33:17
タイムマシンでひとっ飛びして見てきて。
7 :夏の陽炎:2018/07/17(火)15:24:35
残念な気もしますが、お互いに命懸けで領土を取り合って居た時代のことですから、少々盛られていても不思議ではありません。しかし、本気で戦っていたからこそ違いの性格や考え方を探るうちにお互いを認め合っていたのでしょう。そんなきがします。
8 :dis*****:2018/07/17(火)15:16:43
赤穂浪士の討ち入りの話も創作された話だって有名だもんね、とはいえ弱者を助ける精神、ヒロイズムは殺伐とした昨今、美談としてあってもいいと思うけどなー。
9 :IDなんか見てどうすんねん:2018/07/17(火)14:48:03
武将は今で言う政治家なんだから清濁併せ呑むのが当然だし、後世の人が都合良く脚色するのも当然です。政治家の政策の目的が純粋に国民のためなどと思う人はいないでしょう?票田、後援会、利権、官僚などが複雑にからみあっているのですから。現代の政治家の自叙伝を複数読むと面白いですよ。現代なのに既に脚色してるから相互矛盾しているw
10 :ryud*****:2018/07/17(火)14:43:32
戦国の合戦は、領土の境界をきめる城(あるいは砦)とりがメインだろうから、今日の敵領土領民は、明日の味方領地かもしれない。だから、情けとまでいわなくても、現実的な統治でしょうね。
11 :pon*****:2018/07/17(火)14:41:46
一歩間違えると戦国大名ですら熱中症で倒れかねなかった…
12 :aku*****:2018/07/17(火)14:36:01
奴隷商売やってたとも言われる謙信は義の人ではないかもしれない。脚色された物語にロマンを感じるのも事実だけどね。
13 :dmw:2018/07/17(火)14:34:12
上杉謙信って、今なら大企業のトップという感じ。
14 :大公:2018/07/17(火)14:25:40
公文書に残さなくても実際あった事を民は知っていて言い伝えてるって事もあるでしょうし、 火の無い所に煙は立たぬではないですが、幾らかの事実が含まれている可能性は高いと思いますけどね。研究者としては資料にないことを事実として認める訳にはいかないですしね。
15 :ニコ:2018/07/17(火)14:16:04
正しくは、他の武将は塩の販売を差し止めて、干上がらせようとしたけど、謙信は塩を今までどおり売っただけ。たぶん、品薄だから高値で売れたのだと思う。
16 :fig*****:2018/07/17(火)14:11:21
こういう道徳的な美談は美談のままでおいといた方がいいよ。
17 :win*****:2018/07/17(火)13:52:48
今は亡き…海音寺潮五郎さんは送った派(川中島の一騎打ちもあった派)で…新田次郎さんは送んなかった派(川中島の一騎打ちはなかった派)です…昔、NHKの番組で対決してました…
18 :m_c*****:2018/07/17(火)13:45:41
何でも証拠が残る時代だからこそ、夢は夢のままの方が面白い。何でも真実がいいとは限らないってことだな。もちろん悪行はいかんが。現代は、、、つまらんな。
19 :h_k*****:2018/07/17(火)13:41:02
文書が見つかってないからといって「無い」と決めつけるのもいかがなものでしょう?真実はもう誰にも分からないでしょ。
20 :s30*****:2018/07/17(火)13:39:22
『送った』じゃなくて商いを続けたが正解。
21 :big*****:2018/07/17(火)13:38:18
長野県の川中島古戦場跡にある、八幡神社の境内の中にある立て札には武田側の武将がこの合戦で戦死した武将を敵味方に関係なく丁寧に葬った事を上杉謙信が聞いて心を打たれて塩を絶たれて困っている甲斐の国に送ったような内容が書かれていた気がする
22 :tit*****:2018/07/17(火)13:36:57
そんなことを言い始めたら前田慶次だってほとんど資料が残っていないのに漫画が元で英雄扱い歴史はそれほど正確でないほうが夢があって楽しめるってことじゃないですか?
23 :taw*****:2018/07/17(火)13:35:59
20世紀の教科書に載っていた足利尊氏と源頼朝の肖像画は、今日ではともに本人と異なる疑いがあり。そして今度は諺の故事が脚色されたものとはね。学研まんがで載っていた記憶があるからショック!
24 :ki_*****:2018/07/17(火)13:14:02
山県ゆかりのって…直江津の人間としては複雑。
25 :*****:2018/07/17(火)13:08:29
戦いぶりばかりが称賛されているけど上杉謙信は財テクも上手だったから、塩で困っている武田相手に商売すれば儲かると思ったのかもしれない。
26 :mas*****:2018/07/17(火)12:53:25
踏み込みが甘い。身銭を切って贈与しなければならないのか?吉川英治の小説でさえ、城中の塩倉を開けるわけにはいかぬが城下の商人に甲州側にどしどし売るように言え、という意味に書いてある。戦中の本が、すでに贈り物としてない。> 以前と同じように信玄の領地に塩を送るように」これを以前から贈与していたと理解するなら、貢物か?って話だ。

上杉と北条の仲が悪かったから塩留が成立しなかったという話もあるし、経済的利益のためだという話もある。それでも利敵行為ということに変わりはない。

意図については後世の創作だとして、利敵行為自体があったのかどうか。塩留で甲斐信濃が困ったのかどうか。越後ルートが元々あったら、最初から効果がなかったかも知れない。なら北条今川の恨み言が後世に伝わった可能性がある。塩留後に越後ルートが開かれたなら、故事が嘘とも言えない。そもそも塩留が事実なのか。


スポンサーリンク


27 :kzi*****:2018/07/17(火)12:50:07
この記事書いたの朝日新聞甲府総局のですよね。ホント、従軍慰安婦問題もこれくらい丁寧に、客観事実と証拠に基づいて報道してくれてたら……と思います。つまり、そういう良心的な方は、本社の社会部とかには配属されないということなのでしょうかね。
28 :mae*****:2018/07/17(火)12:45:04
以前勤めていた会社の社員が先祖は、敵塩の塩を運んだ商人だったと言っていました。ほんとかなぁ…
29 :yos*****:2018/07/17(火)12:36:39
ガチな戦争だったら、敵の弱点を見つけたら攻めるわなぁw双肩に民の生活も掛かっているんだしどんな手を使っても勝てば官軍だしw
30 :sqw*****:2018/07/17(火)12:32:24
GACKTなら送ってくれるはずだ!
31 :sao*****:2018/07/17(火)12:29:12
信玄の駿河侵攻の名目で、塩止めされたからってのがあるけど、越後から塩が送られていればその名目も通用しなくなるからね。結構隠したい事実もあるかも。
32 :ber*****:2018/07/17(火)12:28:51
塩ばかりにこだわり過ぎですねー(笑)信玄が死んだ時、謙信は涙を流したというのもありますし、これらすべての逸話が信玄と謙信の、宿敵ではあるけどお互いに意識し合ってしのぎを削った歴史に対する後世の表現だったんでしょうね。真偽の問題ではなく、人々から見てこれほどの諸説が生まれるこの2人の関係が少し羨ましい。
33 :mat*****:2018/07/17(火)12:27:13
命がけで戦ってるのに、上の方がこんな馴れ合いしてたら部下怒らない?
34 :H.N:2018/07/17(火)12:25:38
実は信玄が高血圧なのを知っていて脳卒中狙いでわざと送った説
35 :gal*****:2018/07/17(火)12:23:02
よく考えると異民族との軋轢が絶えない大陸の国や戦国時代の日本でも敵に塩を送るのはありえないよね卑怯だろうが何だろうが生き残る事が最大の美学と言う他国には理解できないのが日本人の感性なんだろうな
36 :let*****:2018/07/17(火)12:17:15
ぶっちゃけ、当時の武田の状況を考えれば今川から止められたところで特に困らない。民間の商人は甲斐~糸魚川の流通ルートを確保できていたし、当時は織田との関係が悪くないので、尾張産の塩を織田系列の商人と取引できる。
37 :del*****:2018/07/17(火)12:12:52
今川氏真は当時、金欠だったので北条とカルテルを結んで塩の関税(通行料)をあげたのが塩留めとして伝わったという説もあるね上杉にもカルテルを持ちかけたけど断られたというのが真相かもね
38 :poc*****:2018/07/17(火)12:10:14
家康のウンモリエピソードも違うと言ってほしい。
39 :hun*****:2018/07/17(火)12:07:40
後世の価値観や解釈でどのようにも脚色されるますからね。赤穂浪士なんかその典型。坂本龍馬は司馬遼さんがスーパーヒーローにしちゃったし。逆臣明智光秀は最近「結構いい人」になってるし。個人的には小早川秀秋の名誉を回復して欲しいな。
40 :far*****:2018/07/17(火)12:05:24
人は同じ場や空気を共にしないと分からないと思います。テレビの向こうの人ですら、テレビで見る印象と、実際に共演なりされて場を共にしてる人では違うでしょうから。
41 :ポチッとな:2018/07/17(火)11:56:07
塩留め…まぁ経済封鎖だな。ただ経済封鎖を行うには「行う側」も相当な力が必要になってくるなぁ。当然塩で取引をしてた商人からすれば利益が無くなるわけだから死活問題だなぁ。それを何らかの形で補償するなりやらないと反発を招く。

こういう商人のバックにはだいたい有力な武将やら国衆やらが付いてるから、それらを抑える求心力なり武力なりが必要になってくる。

で、当時の今川家の状況を考えた場合、当主の氏真は義元の跡を継いで間もなく、三河は家康に取られ、家臣やら国衆やらの反乱が相次いでいて、このような状況下で武田家に経済封鎖なんか仕掛けたら致命傷を負うのは今川家の方だな。逆に武田にとっては調略を仕掛ける絶好の機会だわ。

42 :you*****:2018/07/17(火)11:54:18
『庶民は生きる為に商売を続けました』という話じゃないの?
43 :Hooah*****:2018/07/17(火)11:42:47
塩を送ったで良いじゃないか!2代目勝頼は信玄から、困ったら謙信を頼れと言われたくらいなのだから
44 :geta*****:2018/07/17(火)11:33:21
日本で作られた醤油が一か月後には北朝鮮の店頭に並んでいるのと同じようなもの
45 :mar*****:2018/07/17(火)11:27:59
松本市内には「牛つなぎ石」というデカい石があります。謙信から牛に載せられて塩が送られた時、一行が松本でその牛を繋いでいたとされています小学校の時に習ったんだけどな…
46 :tar*****:2018/07/17(火)11:24:10
信玄の領内で塩が異常に値上りして、商機と見た越後商人が、普通は越後内に残しておく分まで、率先して甲府に売りつけた話で、謙信も規制しなかっただけだったと思う。甲府で値上りした理由は、信玄が塩を買ってた今川に攻め込んで塩の流通を止められてしまったという自業自得の逸話つき。
47 :aaa:2018/07/17(火)11:23:07
わざわざ送らなくても流通を止めなければ同じ事じゃないの?
48 :d19*****:2018/07/17(火)11:22:58
謙信が利益重視で塩の荷止めをしなかったのがいつのまにやら美談になってたって事でしょ。実際のところ謙信は条約破りの常習犯の信玄をかなり嫌っていたみたいだし、信玄も上杉の名跡を継いで武田家よりも家格が上になった謙信を嫌って旧姓の長尾で呼び続けていたし。
49 :yar*****:2018/07/17(火)11:20:42
昔学生の頃にした歴史の勉強って意味ねぇな…史実が見つかって、昔と歴史変わりまくり…。
50 :son*****:2018/07/17(火)11:17:25
大東亜戦争の事も日本人を貶めたい売国歴史学者が捏造しまくってるからね。卑怯な事を恥と思う教育は大事。
51 :いなずま:2018/07/17(火)11:16:34
こういう記事を不粋って言うんだろうね。
52 :roc*****:2018/07/17(火)11:12:49
大昔なら金正日はプロにも勝るゴルフプレイヤーとして名を残したはず まぁバレバレだけど 歴史の逸話なんてそんなもんでしょ
53 :fiv*****:2018/07/17(火)11:01:43
ラインハルトは同盟軍の補給路を断ち帝国領での同盟軍の略奪を導く事で自由惑星同盟への反感を満たすわけだが
54 :mik*****:2018/07/17(火)10:59:13
謙信公は商才もあったと聞きます。もし全ての甲斐行きの塩が行かなくなると塩の値段が高騰し、相場がブレるはずなので、それを嫌った謙信は普通に送り続けたと言うことではないでしょうかね?
55 :ran*****:2018/07/17(火)10:58:10
史実云々より、朝日の記事というのが一番信用ならん
56 :やもり:2018/07/17(火)10:54:35
いくら険悪化しつつあったとはいえ、1567~68年初頭の段階では、今川北条が武田に対して塩留なんていうあからさまに敵対的な行動やってたとは考えにくい。それにその時点では、上杉にとっては武田以上に北条の方が敵なので、仮に今川北条の塩留が事実だとしても、上杉がそれにお付き合いしなきゃならん義理はない。

駿河侵攻後の越相同盟でさえ、謙信本人は乗り気じゃなかったわけだし。普通なら塩留やって当然のところを、義心をもってやらなかった、となれば美談だけど、当時の状況を検討すれば、そもそも「やって当然」なんていう前提状況がないわけですよ。

57 :うれし楽しの夏休み:2018/07/17(火)10:52:44
取材先がショボすぎるし、こんな稚拙な文章書いてるようじゃ、この記事自体が信憑性ゼロ !


スポンサーリンク


注目ニュース