ジャニーズ事務所に所属するアイドル2人が「パニック障害」であることを相次いで公表し、療養のため活動を休止した。

直筆のメッセージなどで率直な思いも吐露している。幅広い世代に影響力のある若手アイドルの行動は、良い影響をもたらすだろうと専門家はみる。

28日に活動休止を発表したのは、NHK紅白歌合戦への出場も決まっている5人組グループ「Sexy Zone」の松島聡さん(21)。

直筆のコメントで、1年ほど前から体調を崩し1カ月前に悪化したことや「突発性パニック障害」と診断を受けたことを明らかにし、「自分のこの状況に正直大変戸惑いショックを受けております」

「今は、治療と静養が必要だということなので、一旦(いったん)活動休止をお知らせすることをお許し下さい」「温かいご声援を受けている中で、苦渋の選択とはなりますが、今はこの病気を克服することが一番と決断致しました」などとつづった。

10月26日には、今年5月にデビューしたばかりで人気急上昇中の6人組グループ「King&Prince」の岩橋玄樹さん(21)も幼少期からパニック障害を患っていることを公表。活動を休止した。

岩橋さんも書面で「今回の休養を前向きに捉えています。一生付き合うことになると思っていたパニック障害という病を、たくさんの方々の力を借りて克服するチャンス」

「治療は地道で根気が必要だと思いますが、必ず病を克服し、皆さまの前に立てる日を目指して治療に専念します」とのコメントを出した。2人について、事務所の担当者は「病名の公表は本人と相談して決めた。できるだけありのままを出し、応援してくださる皆さんに理解していただけるといい」と説明する。


スポンサーリンク


ネットの反応

1.
本人達はものすごく辛い思いをしていると思うと、本当に大変だなと思います。でもこれを表明する勇気になんと言って良いのか分かりません。
今はアイドルをすごくもちあげながら、メディアが発達したこともあるのか一方ですごく踏み込んできたり簡単にひどい誹謗中傷をばらまかれたり。
twitterなんて根拠のないネットニュースに右往左往してそういう出所の分からないことに自分の判断を委ねて悪口をばらまく本当にひどいずるい輩がうようよしていて。
それは心が痛む。
このひどい環境のなか、きちんと自分の状態を伝えてお休みできることはとても大切。
同時にこういうことに何かを絡めて誹謗中傷する連中、本当に人としてどうかしている。
彼らにはゆっくり休んでもらいたいし、同時にこういうことを誘因するようなことをこれ以上許してはいけないのではないのでしょうか。
誹謗中傷する連中も人を貶めることしか考えていないメディアも同罪
2.
真鍋は便乗商法ですが
3.
内臓をやられていて、それが精神と連動して痛みとなる為に
一時的に不本意な態度を、ついとってしまうというのは理解
できるが…

正直、身体は健全なのに、なんらかの危害を受けている訳で
もない相手に対して、ワザと困らせたり、不快な態度をとる
のは、障害なのか、どうもよく分からない…

こういうのは、そういう態度をとっている時に、自分で罪悪
感を感じたり、その時は、高ぶって感じられなくても、後で
自己嫌悪に陥って反省したりしているのかな・・・?

そうでなければ、救いようのない「ただの最低な人格」なだ
けなんだが…

なんにしても、ビジネス系のコミュニケーション技術などで
も良いので、無宗教で、対人用の自己啓発書を数冊は読んで
自分を客観的に見る努力はしてなさそうだが…

過去の思い出したくもないような事も含めて、徹底的に深層
心理と向き合わなければ、薬の問題ではない思うが…

4.
ジジイのおつとめはさぞや大変だろう。
5.
はっきり言うけど休養しても治らないよ。
そこに行けば、症状が出るのわかってて、あえて行く。
例えば渋滞駄目なら、一人の運転で渋滞してるとわかってて突っ込む。
長蛇の列のレジにあえて並ぶ。
快速ではなく特急に乗る。
新幹線ではなく飛行機に乗る。

自分の場合はこのままじゃ、大好きなドライブや海外旅行に行けなくなると思って、病院には行きましたけど薬なしの荒治療をしました。

薬飲みながらでも良いじゃないですか、
病気がピークの時も普段と同じ生活しないといつまでも広場恐怖に怯えますよ。

発作で死ぬわけじゃないんだと脳に記憶させないといけないのに。

だからこの病気、本当に治す気があるなら自宅で休養ってのが一番良くない。
どうせ自宅に居ても発作は起きますし(笑)

パニック障害公表したからには辛いのは分かりますが、ステージ立って頑張ってください。
早期完治します。

6.
俺はこの病気になって45年以上になる
子供の頃は学校の朝礼で立ってるときによく発作を起こした
そして母親から「怠けてる。精神が弱い」と怒られた。
電車、飛行機、トンネル内の渋滞、床屋、病院での検査中・・・
いろんな場面で発作を起こして辛い思いをしてきた

この病気はボケるか死ぬまで治らないよ。
薬をお守りで持ち歩いてヤバそうなときは飲んでやり過ごす
または少し頑張ってその状況に慣れるようにする
上手に付き合っていくしかない

7.
キモいファンのせい?
8.
パニック障害を一生の付き合いと思っているようだが、多くの場合、治療により症状は治まっていく。
治ると思えない人間も、希望を持ってほしいと思う。
9.
ちゃんとした先生に出会わないと薬の調整含めてなかなか難しい病気ですよね。

まだまだうちの会社なんかは気持ちの問題じゃない?とか言われてしまうレベルの理解力。

10.
自分もパニック障害持ちです。今は薬で落ち着いていますが。
発症当時は、まじツラかった。次のバス停までも我慢できず不安になる。で、バス停ひとつで降りる→乗る→降りるの繰り返し。
そんな自分がおかしなヤツだと思われたくなくて、我慢しても我慢できないツラさ。
皆さんの書き込み、痛いほど分かります。と同時に仲間が沢山いて少し安心。

職場にもパニック障害を公表して心配してくれながらも、理解出来ない周辺。でも、公表したことで自分が少しでも楽になるなら公表すべき。自分も楽になったから。

パニック障害の皆さん、パニックで死なないから大丈夫!って言われて、嫌な思いもしていると思います。でもね、自分も死んでないから大丈夫です。頑張らない程度でやっていきましょ。

11.
僕もパニック障害です。周囲からの理解も難しいかもしれないがこの機会に認知がひろまってほしい。上司から理解がなかったのは今でも恨んでいる
12.
私は30年前からパニック障害にかかっています当時はメジャーな病気ではなくて気の持ち様だよとか男のくせにとか斬斬言われてうつ病にもなりました。
パニック障害は掛かった者でしか分からない予期不安があります、現在も未だ完治せず苦しんでいます。
13.
私の場合は30年前に自宅で突然身体にドーンとショックが有り激しい動悸と呼吸をしても息が詰まりこのまま自分は死ぬんだと思いながら119で救急車を呼びましたが15分位で良くなりました。
総合病院で精密検査しても何処も悪く無く様子を見る事になりましたがその後何度も発作を繰り返すようになりました。
そのうち手が震えて息苦しくなる予兆が現れる事に気付きましたが外に出て自宅の周りを走る事で発作の時間が多少短くする事しか出来ませんでした。
発作がおこる時間はランダムで仕事中でも就寝中でも発作が起き社会生活を営むのは本当に大変でした。
自分がパニック症候群だと自覚したのは10年くらい前で発作の前兆が現れたタイミングで発作を抑える方法が見つかったのは3年位前です。
不思議なもので対処法が見つかってから発作が起きる間隔は少しずつ長くなり最期の発作は一年以上前です。偶に発作の予兆が現れますが何とか対処出来ています。
14.
昔で言うところの急性虫垂炎みたいなもんだろ。
休業中に中絶したとか整形したとか。
15.
パニック障害か。。。過呼吸とかで苦しんでいるのだろうな。。


スポンサーリンク


16.
パニック障害なら人前に立つことなんて恐ろしくて出来ないと思う。
私は18で発症し、その後の人生ずっと付き合っています。誰にも理解をされず孤立しています。働いていても、月に2,3回はパニックになる。でも働かなくてはいけません。
人生が一番大事な時、学校や会社に通う事だけで精一杯でした。青春なんてありませんでした。誰でもいいから、気にしなくていいよ、
辛かったら適当に休んでいいよと言って欲しかったです。でも、親ですら理解して貰えず、まだ病名も知れ渡っていなく、人に話す勇気はありませんでした。
最近はちょこっというようになりましたが、皆さん自分の事で精いっぱいで精神的に弱い人はちょっと。。。と思うようです。こんなことになった原因も家族にあり、もっと早いうちに家族と離れていればよかったと思います。死ぬまで一生付き合うんだろうなと思います。
17.
オレも20代のとき「パニック症候群」の発作に幾度となく
襲われたことがあるよ。どう表現したらいいのか、とくに
これと言ったきっかけは無いんだが、人と話していても、
言い知れぬ「不安感」や「孤独感」のような感覚が急に
襲ってきて、心拍が「ドッドッドッドッ」っと、早くなり
酸欠になったように呼吸が苦しくなる。これがしばしば
起こるようになると、更にエスカレートして「この先、
自分は一体どうなっちゃうのか?」と、居ても立っても
いられなくなる。

今思えば、多分、日常のストレスや悩みごと、不安を解消
しきれないままずっと抱えていると、発作として急に襲って
くるのだと思う。「うつ病」の二次的症状かもしれない。
オレの見つけた解消法は至ってシンプル。スポーツや仕事
で、日常的に汗をかく習慣を身につける。そうすれば色々と
余計なことを考えなくなる。

18.
●パニック障害の対処法

【病気に対する考え方】

パニック障害を完治する薬は存在しないため、薬に100%依存する考えはやめ、「薬に治してもらう」という発想は捨てる。
薬は「症状を緩和するもの」「発症や症状が出るのを遅らせるもの」と、あくまで補助的なものととらえるようにする。

「薬が効く」のと「病気が治る」というのは違うことを心がける。

日常の行動では、「不安に左右されず」「不安は不安のまま置いておき」「不安を無視して生活をする」ことを心がける。

完治にこだわると、結果として抑圧を強める場合が多いので、完治にこだわらないこと。
「~せねばならない」という考えに、とらわれないようにする。

【その他】
激しい運動をして心拍数を上げて、あえてパニック発作時と似たような状態にする。その状態に慣れるようにして、パニック発作の恐怖を減らしていく。

19.
パニック障害とか普通にあるから
休めず働くパニック障害の人達からしたら休めて羨ましいよ
過呼吸じゃあ死なないよ
死ぬより辛いけども
ひと思いに死んだ方が楽
生殺しの地獄 それがパニック障害
なっても慣れっこ大丈夫お薬とお友達でいようねくらいの余裕で付き合えるようになる
真面目で心優しくて遠慮がちだから苦しむ 何にも変えられない美点でもある 厚かましくて狡い奴は心を病んだりしない
20.
パニックに限らず、いろんな症状があります。その症状を人は理解しづらいので、そばにいる人に告げてください。
それを知らないふりする人もいれば、それを機会に見る目を変える人も見れば、寄り添ってくれる人もいます。
どれが正しい判断とも言えないし、どれが悪い判断とも言えない。でも、それでいいじゃないですか。今の自分が必要な人に支えてもらえば。
支えてくれる人がいなくてもそれをひがむ必要もないし、淡々と治療すればいい。昔は本当にメンタルな病気を理解してもらえなくて「また、ずるしよる」
「そんなものは酒飲めば治る」とかわけわからん状態から少しずつ世間も理解をしてもらえるようになってる。いずれその症状が自分のものになる(てなづけれる)。
一緒に暮らせるようになります。治せなくてもそれを含めて自分だと思えるようになると楽になります。
21.
岩橋くんは小学生の時のいじめで発症したんだよね。かわいそう。
うちの息子もいじめられやすく、中学校に入学してすぐにリンチされて統合失調症を15歳の時発症した。

精神疾患で通院する場合、自立支援を受給する。これ人さまの汗水たらして働いた税金だよ。
いじめっ子はその辺のことわかってないでしょ?

いじめっ子の親たちは税金何億と払えよ!!

22.
私自身も20年ほど前からパニック障害を患っています。
夜中に突然心臓がバクバクして頭がクラクラする症状があり、その時からの長い付き合いです。

美容院、歯医者に行けなくなりました。人が沢山集まるところにどうしても行かなくてはならない時はいつもそこから出る方法を考えてばかりいました。
病院のMRIやCT検査は受ける事は出来ませんでした。
正直、カンタンに治るものではないと自分は思います。
自分は家族以外にはこの病気の事は伝えていなかったので、苦しい時も沢山ありました。
それでも、2人の子供を育て、家事や仕事をやりながらなんとか20年頑張って来ました。

自分なりの対処の仕方を見つけて少しずつ、ダメになってしまったことを取り戻しました。

今は歯医者にも美容院にも行けます。

周りの理解があればお仕事しながらでもこの病気と付き合っていけると思います。
同じ病気の人、みんな頑張って。

23.
今は精神疾患に対する理解度が増しており、そういう面では公表した方が安心して治療に専念出来ると思う。
ただ不安感はずっと拭えないらしいですね。
誰もが罹り得るれっきとした病気なので・・・。
24.
世の中パニクりまくってるな!!
25.
ヤフーのこの枠、最下段は広告枠な。

金さえ払えば、何でも掲載可能。

内緒だぞ。
すぐに消されるからな。

26.
そもそも、パニック障害が分からないのですけど…
芸能界にいるからなるのですか?
それとも元々そういう傾向があるから、芸能界にいなくてもストレスでパニック障害になるのですか?
27.
ジャニーズだろうと生き残っていくのは大変なプレッシャーがあるんだろうね。
ましてやストーカーに怯える事態に陥ることもあるし。
28.
パニック障害という言葉が世間に出ると、パニック障害じゃないのに「お前はパニック障害だ。精神科にいけ」という上司がでてくる。労基署は、こういう理不尽な上司を取り締まってほしい。
29.
パニック障害多過ぎ
30.
パニック障害を克服(薬を一切飲まずに寛解状態が8年続いています)した者です。
渦中の人達は、
本当に不安しかない日々を過ごしているでしょうけど、
この病気は完治します。
あせらずに、たっぷりの時間と、
沢山の挑戦と勇気ある断念を繰り返してあげてください。


スポンサーリンク


注目ニュース