来年から年賀状を辞退させていただきます。そんな一文を、年始のあいさつに添える「終活年賀状」が広がりつつある。人間関係を整理したいから、高齢になったから。

さまざまな理由で、長年親しんできた年賀状のやりとりについて考える人たちがいる。年賀状の受けつけは12月15日から始まる。

■高齢・人間関係の整理…理由は様々

《皆様と交わして参りました年賀状ですが、誠に勝手ながら今年をもちまして書きおさめとさせていただきます》

新年のあいさつに続いて、年賀状の「終了宣言」が印刷されていた。神奈川県の男性(69)が2017年の正月に受け取った年賀状だ。差出人は70代後半の夫婦。男性は思った。

「お互い高齢になり、こういう終活もありだな」

男性も翌年、文面をまねて終活年賀状を書いた。毎年出してきた約50枚のうち、今後のつきあいがなさそうな5人ほどに、年賀状をやめたい気持ちと感謝の言葉も手書きで添えた。

「印刷や宛名の名簿の管理が面倒だし、あまり思い入れがなく、つきあいも薄くなった人との関係を整理したい気持ちもあったから」

東京都の弁護士の男性(72)にも、7年前ごろから終活年賀状が届くようになった。今年の正月は10枚ほどあった。

《高齢になったので》

《米寿を迎えたので》

そんな理由も書かれていた。「縁切り状のようなものだけど、何も言わずにやめるのではなく、きちんとあいさつしてくれて気配りなんだと思った」。届いた人たちへの年賀状は、翌年から出していない。

都内の会社員の舩木真由美さん(40)は、年賀状の「終活」を試してみた。

もともと年賀状づくりが面倒で、大そうじなどで忙しい年末に慌てて作っていた。昨年、終活年賀状という言葉を知った。

「人生80年としたら、私も折り返し地点。こなす感覚で続けてきた年賀状のやりとりをやめて、関係を整理してみよう」。1枚も書かなかった昨年末は、いつもよりゆったり過ごせた。

だが、年が明けて友人たちから年賀状が届くと、申し訳ない気持ちが募り、結局、順番に年賀状を返した。メールやLINEで「実は終活で年賀状を終わりにしようと思うんだ」と伝えると、驚いた友人たちからは「楽しみにしていたのに」との返信もあった。

舩木さんは毎年、家族4人で新年の抱負を「あいうえお作文」で考え、年賀状に書いていた。その言葉を友人たちが心待ちにしていたことを知ったのだ。

「大変だけど、喜んでもらえるなら作ろうかな」。結局、考え直して今年の年末はまた年賀状を出そうと考えている。ただ、考え方は人それぞれ。終活年賀状という選択肢も広がるといいなと思う。


スポンサーリンク


ネットの反応

1.
携帯電話にEメール機能が付いた辺りから年賀状出てないし いらないって伝えた
2.
年賀状ほどくだらない、年末にバイトまで動員して元旦に配達する、エネルギーの無駄遣いなものは無い。
3.
高齢の人は別だけど、そんな普段全然連絡とってない人から正月早々縁切り年賀状みたいなん貰いたくないわ。
恋人とかじゃないんだから、別にフェードアウトでいいじゃん。
4.
これは郵便局にとって長い目で見てプラスなのかマイナスなのかも気になる
5.
私も今年の年賀状で終了。今年は親戚と昨年喪中だった人だけ。
6.
それはそれでプレ喪中葉書のようで
新年から縁起でもないと
迷惑に感じる人もいるのでは?
7.
会社の年賀状もやめてほしい
資源の無駄
8.
そういうのもいいと思うけど、正月に終活年賀状が届いたらちょっと複雑な気持ちになるな
9.
メールも無駄だ!

早く無くせばいい!

正月も要らないよ!

そうなんるんじゃいの?笑

10.
私は30位の頃に年賀状はやめました。年賀状が届いた時は来年からはやめましょうみたいな言葉を入れて返事を出します。取引先からの年賀状は私が買う側(客)なのでスルーしています。
11.
お中元、お歳暮、年賀状は要らないと思う。
100歩譲ってもやはり年賀状は要らない。
年賀状で挨拶する人なんて下手したら数年、数十年逢ってない人とかばかりだからね。
自然消滅的に辞めても問題無いと思うよ。
12.
♯ME TOO
出す必要ないと思う人
・必ず会う人(特に勤務先)
・必ず会う親戚
・必ず会う友達
でも来るから出さざるを得ないんだよと思ってしまう日本人
それでも三ヶ日着弾したものに返事を出し続けたら、相当減ったわ
13.
必要最小限の年賀状でよいのでは?
14.
えっ、まだやってたの?
我が家は10年前に年賀状おしまい宣言したよ。
それでも届いた人にはお返し年賀状を出してたけど、それも徐々に減っていったよ。
メールやラインで繋がってない人って正直どうでもよい関係だよね。
15.
人それぞれ
そういう人はそれでいいんじゃないの


スポンサーリンク


16.
お世話になった方には就活年賀状で、一切の関係を断ちたい人には受け取り拒否で。
17.
来た人だけ返していれば、そのうち、年賀状は来なくなるよ
18.
年賀状ってめんどくさいんだよね
19.
昭和64年の正月は当時の昭和天皇が危篤状態だったので全国的に「おめでとう」とは言えない雰囲気で年賀状も自粛する人が多かった。この時の落ち込みがなかなか回復せず年賀状は減り続けた。
20.
2-30年後には、単なるはがきのやり取りだけで、年賀状がなくなっているかもしれないな。
21.
年賀状は小学生までだったな。数日後学校で会うのにいちいち面倒でやめた覚えがある。社会人になってから20年企業として出しているけど、名簿を総務に提出するだけなので楽でいい。個人的にはLINEで連絡だけだね。
22.
要らない習慣。とにかくめんどくさい。
23.
仕方なくやるくらいならさっさとやめちまえ

どうせ年一回の年賀状でしか繋がってない相手なんて
いてもいなくても変わらない。

年賀状の枚数を自慢するのはLINEの「友達」の数を自慢するのと同じくらい虚しいことだからな

24.
私は実家の両親の年賀状を毎年作っており、正直、負担でした。父は認知症で親族、親しい父の友人も知っています。 もはや、父が作れないのは皆さん知っている事?これも子供の務めと思い作り続けていましたが、早速、今年の年賀状で終わりにします。
25.
年賀状なんて、もぉ17年してない計算か
郵便配達の人の苦労考えたら
あんな紙切れ1枚を配る習慣
日本おかしいよ
26.
私ももうかれこれ10年くらい年賀状出してません。
毎年変わり映えのない義務的なやりとりに疲れてしまって。
自分みたいなのは少数派だろうなと思ってましたが、わりと同じような考えのコメントを見かけたので安心しました。
27.

年賀状。
みんなで辞めれば怖くない。

28.
それでも、年賀状だけの付き合いでも、楽しいと思うのだが。人それぞれ感じ方は違うし。
29.
最後の連絡の生命線まで断たなくてもいいと思うけどね…
30.
郵政省の考えを知りたい。


スポンサーリンク


注目ニュース