1日午前10時15分ごろ、三重県鈴鹿市稲生町の鈴鹿サーキット国際レーシングコース(1周5・8キロ)で、練習走行中のオートバイ3台が転倒する事故があった。静岡県袋井市愛野東1丁目の会社員川谷知志さん(32)が全身を強く打って病院に運ばれ、約1時間後に死亡が確認された。ほかの2人も病院で手当てを受けた。

三重県警鈴鹿署によると、3台は直線から左カーブに入る付近で転倒し、川谷さんのオートバイ(1000cc)は転倒した3台の最後尾だった。この日は午前8時半から一般の練習走行会があり、川谷さんのオートバイなど約50台は午前10時にスタートしたという。


スポンサーリンク


ネットの反応

1.
あのレース用のスーツには
プロテクターの様なものは
入っているんでしょうか?
2.
好きなことして死んだ。
3.
サーキットを走るということは、昨日、今日乗り始めた初心者と違い、かなりの技術・経験はあったと思います。でも、ひとつ間違えばこうなってしまうのがモータースポーツの怖さ。ご冥福をお祈りします。合掌
4.
最初から好きでバイクに乗り、通常の走行とは異質な事をして本人はうれしかったであろうし、事故はつきものだから本望でしょう。
自己責任でいいんじゃないの。
5.
Faceboo見たらバイクを愛しているのが分かった。
6.
遺された家族はお気の毒ですが…仕方ないですよね、ありきたりですがご冥福をお祈りします。
7.
過信したわけではないと思うが性能気になるのは確か。
8.
それを理解した上で走ってたんでしょ?
9.
生命保険も入れないし遺族は辛い。
10.
ご家族も死に対しては御理解されてたと思いますし、ご自身も理解されてるはずなので本望なはずです。
ただただ自分の欲望を満たすためだけのサーキットに出向く方々の根性は尊敬に値します!
11.
自業自得!
12.
怪我と弁当は自分持ちと言われてた当時からの世代です。
ご冥福をお祈りします
13.
想定内でしょ!
14.
2輪は見ていて危ないとしか言えない

細いタイヤ2つしか付いていない1000ccのエンジンついた乗り物で300キロも出して走れるなあと、関心するくらいバイクの直線スピードは半端ない

安全を守るためには、今の倍以上のランオフエリアと、最新のバリアを設置することだろうけど、サーキットレイアウトは今とは変えられないから、やれることはあまりない、

一般道のバイク事故よりは安全だということで、納得して安全にみなさん楽しんでほしい

15.
亡くなられた方、ST600でかなりの実績があるヤマハ社内チームのライダーかな?ご冥福をお祈り申し上げます。


スポンサーリンク


16.
ストリートと違って、保険も何も効かないからなぁ…。ご冥福をお祈りします。
17.
自業自得
18.
サーキットだから、事故はつきもの
19.
警察関係者の話では原因はスピードの出し過ぎとか言いそう。
ご冥福をお祈り致します。
20.
プロテクトしてない人だったのかな
21.
サーキットの事故は完全自己責任。
22.
多重事故で飛ばされたのかな。レーシングスーツも滑るのは良くても衝撃まではどうにもならないし。
23.
バイクとはそういうものです
24.
二輪は身体がむき出しだからなあ。何ともしようが無い。四輪ならロールケージで守れるけど。二輪はエアバッグも付けられないし。今後の技術開発で救える命なら救ってほしいと思う。
25.
人生の最後に自分の好きなことをやって幸せに旅立たれたと思います。
26.
直線から左カーブてことは130Rかな。

詳細の連絡はまだ来てないけど、その内届くかな。
来年はまた働きにくくなるのかなぁ

27.
身に付けてたかもしれないけど、エアバック義務付けになって来るかな。
28.
50台は多いなぁ。
29.
まあ、死ぬとは思わなかっただろうけど死ぬこともあるだろうね。
障害者になることもあるだろうね。
30.
鈴鹿・バイク大好きだからこそいたたまれない。
こんなはずじゃなかったのにってご本人が一番思ってるでしょう。
ご冥福をお祈りします


スポンサーリンク


注目ニュース