妊娠中については脂肪がつきやすいだけじゃなく、脚が太くなってしまうことや足のむくみで悩み苦しむ妊婦さんが数多くおります。

 

妊娠中というのは女性ホルモンのバランスに変化が起こるため、水分の吸収率も高くなり、体に水分を溜めこみ易いと言えます。

 

他にも、お腹の赤ちゃんが成長すること足の静脈を押し付け、血液が心臓に帰還するのにも負荷が掛かるのです。妊娠中、特に脚が太くなりやすいのはこういった理由があるからなのです。

 

むくみを解消して脚痩せを試みたいけれども、赤ちゃんに対する影響を考察すると、きついカロリー制限やジョギングといわれるような激しい行動でダイエットを試してみるわけにはいきません。

 

しかしながら、塩分をほどほどにするという対策程度ではむくみの解消も間に合わないです。そのため、妊娠中でも心配をせずに可能な、脚痩せテクニックを全てお教えします。

 

わざわざ妊娠中に足痩せすることは必要なのか

妊婦中、妊婦さんについては通常よりも体を大事に考え日々を過ごす風に意識するため、普段よりも動きを控えるため筋肉が落ち易いと言えます。

 

言うまでもなく赤ちゃんに悪い影響になってくるのは避けなくちゃなりませんが、ほどよい筋肉をキープすることは重要で、心配なく出産に望むうえでもほどよい筋肉はつけておくことが要求されます。

 

尚のこと、妊娠後期っていうのは太り過ぎると妊娠中毒症の可能性も見られますので、妊娠中でも身体に良いダイエットを気に掛ける必要は見受けられます。

 

安定期に入って身体の調子も変わることがないケースでは、出産を無理なく運ばせるために、妊婦さんであろうとも安心して可能な心配ない運動を組み込んでみましょう。

 

気を付ける点:妊婦さんの脚やせに関しては安全第一、そしてあなたの健康と赤ちゃんを意識して、無理はしないで頂きたいと思います。

生理がこないのはなぜ?生理前の体調の乱れと妊娠の初期症状の解説

妊娠中であっても安全に足痩せできる方法7つ紹介

妊娠中であっても安全なふくらはぎの鍛え方

 

ふくらはぎを鍛え上げると筋肉量の確保、むくみ解消、そして代謝活動を高くする等といった効き目があって、ダイエットに役目を果します。

 

1) 壁、あるいはバランスが良い椅子、机などの何か体を支えられる物に左右両方の手でつかまって、姿勢良く立ってください。

 

2) 少しずつ息を吐きつつ、徐々につま先立ちを行って、つま先立ちの高さを上昇させてください。

 

3) 少しずつ息を吸いつつ、徐々にかかとを元の位置に戻してください。

 

4) こちらを30回トライします。

 

※ふくらはぎを鍛え上げるこの運動については、あなたの身体の調子に気を付けながら、最高でも30回までに上限を取り決めた方が良いでしょう。

 

妊娠中であっても安全な水中ウォーキング

 

妊娠中毒症がもたらされることを防ぐ為にも、身体に良い食事や妊娠中にトライできるダイエットを心がけている妊婦さんはたくさんいます。

 

妊婦さんだとしても問題なく可能なダイエット方法としてすすめられているのが、水中ウォーキングになります。

 

水中では浮力があることにより腹部に負担がかかりづらく、プールの中でかかる水圧がむくみの解消にもなることもあって、プールの中での気軽な身体作りは妊娠中に際立ってオススメの運動になります。

 

水の抵抗に影響されて、脂肪については地上で体を動かす時より多く10倍以上燃焼されると考えられています。

 

プールの中で歩けば、内ももとお尻に力が入って、歩行しているのみだとしてもイメージしているよりも体力を消耗していますのでダイエットとなっています。

 

そういう理由で脚やせに有効な水中ウォーキングについては、妊娠中に可能なリスクの少ないダイエット方法として人気が高いです。

 

注意:水中ウォーキングを行うケースではこまめな水分補給を欠かさず、ご自身の調子で実践しましょう。

 

1) 水の温度に慣れるまで、少しずつ肩まで水に浸かってください。(温水プールでトライしましょう)

 

2) 水の温度に慣れてくれば、プールの中で少しずつ歩行してください。

 

3) 陸地での足取りと一緒でかかとから着地した上で、足の裏を床面にすべてつけて歩行する感じを気に掛けてください。

 

4) 一歩の幅は強引に大きくする必要はございません。自然にそのままの歩幅で少しずつ歩いてください。

 

5) 20分位をベースとして水中ウォーキングをチャレンジしてください。

 

6) 感覚さえ掴めれば無茶ではないくらいに一歩の幅を広げたり、後ろ向きで歩行してみることが通常と異なる筋肉が刺激されて効果が期待できます。なお後ろ向きのウォーキングに関しては、つま先から着地してください。

 

妊娠中であっても安全な脚やせ骨盤体操

骨盤を柔軟にしておけば、不要な物質やリンパを正しく流れるよう改善し、むくみの解消、そして脚やせ、とダイエットに結び付けることが実現します。

 

加えて、骨盤を柔らかくすることで、胎児が滑らかに出やすいことから、妊婦さんにありがたいメリットも存在します。

 

1) 背筋を伸ばし、そしてあぐらをかいて姿勢を正して座ってください。

 

2) 両方の足の裏と裏を引っ付けてください。

 

3) 両方のひざが地面に付くまで、左右両方の手で少しずつひざを押してください。

 

4) ひざを押す際には、息を吐きつつ徐々に押し下げていく感じです。

 

5) ちょっぴり痛い程度がこちらの体操には効き目がありますが、痛みが強力なケースでは我慢することなく途中まで押せばいいでしょう。

 

6) その次は、息を吸いつつ手を離して徐々に初めの位置に戻してください。

 

7) 始めのうちは5回程度から開始し、体調管理をしつつだんだんと回数を加えてみましょう。

 

妊娠中については身体が重くなって座り込んでいることがきついケースがあります。その際は寝ながらやっても大差ない効き目を得ることが出来ます。

 

1) 仰向けに寝転がってください。

 

2) 片足を曲げて膝を立ててください。

 

3) もう片方の足は一直線に伸ばしてください。

 

4) 膝を立てている足を息を吐きつつ少しずつ外側へ倒してください。

 

5) きついなと思うところで止めてください。

 

6) その状態での姿勢を何秒かキープしてください。この際に呼吸は止めないでください。

 

7) 次は、息を吸いつつ少しずつ元の位置に戻してください。

 

8) 同様の内容を反対の足でもやってください。

 

9) スタート時は片方ごと5回程度から取り掛かって、体調管理をしつつだんだんと行なう回数を加えてみましょう。

 

ストレッチでも骨盤や周辺の筋肉を柔軟にする効き目があって、出産の準備をするうえでも有意義なのです。骨盤が柔らかくなるとリンパの流れが活性化され下半身痩せ作用もアップします。

 

【ストレッチにより安全に骨盤を柔軟にするやり方】

 

1) 両足を可能な限り開脚して、姿勢を正して地面に座ってください。ご自身の出来る範囲の開脚で構いません。

 

2) 片側の足の指先に向かって、体全体を少しずつ徐々に時間をかけて倒していきつつストレッチしてください。膝に関しては曲げないように注意してください。

 

3) 上半身がピタリと付くまで曲げることは不要です。頑張りすぎずにあなたが可能な点までストレッチを行いましょう。

 

4) 少しずつ徐々に初めの体制にもどってください。

 

5) もう片側の足も一緒でストレッチしてください。

 

6) 片方5回毎してみましょう。

40代50代でも脚痩せは可能?効果的なマッサージ方法

妊娠中であっても安全な足湯

 

足湯は手軽で、むくみを解消、脚やせに効き目があるため、妊婦さんにちょうどいい脚やせ方法になります。

 

むくみがひどいけれど、運動が差し止められている妊婦さん、あるいは安静にすることが必要である時期の妊婦さんにとっては足湯がいいでしょう。

 

足の冷えを取り除くことによって血の流れが改善されるので代謝がよくなります。むくみを消し去るためにも重宝します。

 

注意:お湯を注いだ入れ物を持ちあげて身体に負荷をかけることはやめて下さい。

 

浴場等、お湯をはった入れ物を持って運ばなくても大丈夫なところでやるか、他の人にサポートしてもらってください。

 

1) 両足が入り込むサイズの洗面器又はバケツを準備してください。

 

2) 容れ物にくるぶしから下が浸かる程度まで、42度ほどのお湯を入れてください。(くるぶしから下が入っておけば構わないので、お湯の量についてはそこまで一杯にしなくても問題ありません。)

 

3) アロマオイルをプラスしてリラックス効果を確保することも構いません。アロマオイルとしては妊娠中に避けるべきものが見られますので、使用前に確かめるようにしてください。

 

4) 足し湯などを行いつつ42度くらいの熱めのお湯で、10分程度足湯をキープしてください。

 

5) 足湯している最中に、少しずつ白湯を飲みつつ行なうとダイエット効果が上昇します。

 

6) 足湯の後は、熱が逃げ出さないことに注意してきちんと拭いて、すぐさま靴下を着用するなどによりあったかくした足を温かく維持してください。

骨盤の歪みのせいで下半身が太る?1日3分で簡単に骨盤の歪みを治して痩せる方法

妊娠中であっても安全な足を上げて寝る足痩せのやり方

非常にシンプルで容易く出来るむくみ対策としまして、足を上げて就寝するという方法が存在します。むくみに効き目があるので、妊娠中に限定されることなく行う事が可能なシンプルな脚やせ方法になります。

 

こちらも、安静が求められる妊婦さん、そして安定期に入って無い妊婦さんの脚やせ方法としまして始めることができます。妊婦中にむくみ易い原因の1つに、お腹の赤ちゃんが成長することによって足に存在する静脈を押し付けてしまって、血の流れが悪化するからという理由が存在します。

 

この予防ができる方法がが足を高い位置にすることで大切です。足の位置が身体よりも高くなりますと、自動的に血液が心臓へと向かい易くなるので、足に余分な水分や不要な成分がストックされるのを阻止してもらえます。

 

1) 就寝する前に足首の下にクッションであったり丸めたタオルなどを配置してください。

 

2) 心臓と比べてつま先が高くなる感じに一ひねりしてください。高くしすぎることは腰痛が生じる原因になりますのでお気を付けください。

 

3) そうしたら、いつも通り布団をかけて就寝してください。

冷え性はダイエットの敵で太りやすい?原因と解決方法の紹介

妊娠中であっても安全な足痩せエクササイズ

 

こちらのエクササイズを2つ紹介します

 

【ふくらはぎに効果があるエクササイズ】

 

1) 足を肩幅程度に広げ、背筋を伸ばして立ってください。

 

2) 両方の手を膨らんだ腹部に当てて、優しくお腹を支える感じの姿勢になってください。

 

3) 膝を少しずつ曲げつつ、徐々に腰を落としてください。安定しない姿勢なので、頑張りすぎずに、あなたがきつくなく可能なところまでで構いません。

 

4) 膝が90度程度まで曲がって腰が下がっている状態になったら、両足のかかとをあげてください。一層安定しない状態になりますので、無理はしないでください。膝も90度に及ぶまで曲げることは不要です。あなたの身体に応じてバランスのとれる所までで構いません。

 

5) かかとを上げましたら5秒キープ、そして腹部を両方の手で少し支えつつバランスをとってください。

 

6) ご自身の調子で20回程度繰り返しこなすことがベストになります。

 

【太ももに効果があるエクササイズ】

 

1) 椅子に姿勢を正して、浅く座ってください。

 

2) 両膝の間にクッションなどのふかふかの物を挟んでください。

 

3) 両足に力を注いで、挟んだ物を落とさ無いように維持してください。思い切り力を込めることは不要です。挟んだクッションが下落することがないほどに力を入れる程度です。

 

4) この状態で15秒維持してください。

 

5) 15秒経過すれば力を抜いて10秒一休みしてください。

 

6) 繰り返し10回トライしてください。

 

7) 感覚を掴めれば、クッションを挟んでいる間、数秒単位で小刻みに力をいれて両膝でクッションを潰して、太ももの筋肉に刺激を与えてください。

 

注意:あまり強烈にクッションをペタンコにする力を込めて、力みすぎ無いようにやさしくして下さい。

 

妊娠中ですから、それなりの力で筋肉に刺激を与えるくらいに力加減をコントロールしましょう。

 

妊娠中であっても安全なマタニティヨガで脚やせ

 

ヨガの呼吸法だったりリラックス方法については出産であろうとも使えます。ヨガについては、強烈な運動もありませんし、身体をのばす動きがたくさんある為、筋肉をリラックスさせ、血行やリンパの流れを改善して免疫力や代謝活動をアップさせる効果も期待できます。

 

体が柔軟になるというのは出産状況での強みなのです。マタニティヨガについてはリラックス効果、そしてストレス解消効果も手に入れられるから、神経質になり易い妊娠時期のメンタルの安定化にもなるため、積極的に取り入れてはいかがでしょうか。

 

※マタニティヨガについては、まだ安定期になっていない妊娠初期に開始するのは止めて下さい。

安定期に入って身体の調子が好ましい状態のもとで実施しましょう。

下半身を痩せて脚を長くするヒップアップエクササイズ方法

【両足をあげるポーズ】

1) 上半身を床面につけたままお尻を壁面にみっちり当て、体が垂直にL字になる感じで両足は壁に付けて上の方へあげてください。(腰が痛む際は、腰の下側に高くないクッションや枕などをセットしてちょっと高さをあげると負担が軽くなります)

 

2) その状態で、5~10分程度休んでください。

 

3) 心は落ち着きつつ、のんびりとこのポーズでリフレッシュしているだけでむくみに効果的です。

 

4) つま先を少しずつ自身の方へちょっとだけ倒すと、ふくらはぎが伸びてふくらはぎの筋肉さえも刺激が可能になります。

 

【割座のポーズ】

 

便秘は代謝が悪化するきっかけとなってしまいますので良くないのですが、腹部が圧迫される妊娠中については便秘が問題点です。妊娠中の便秘に関してはヨガで克服することがもってこいです。

 

1) 最初に女の子座りで床面に座ってください。脚と脚の間にお尻をしっかりと沈める感じに座ってください。

 

2) 身体の後側にクッションを準備しておいてください。

 

3) 息を吐きつつ少しずつ後ろ側に倒れてください。(注意:腕又は肘でボディを支えつつ、徐々に倒れてください)

 

4) 膝が浮かないように注意をはらって、腕を一直線に伸ばしてください。

 

5) 伸ばした腕を両サイドに開いていってください。いずれも呼吸を止めないでやりましょう。

 

割座のポーズについては太ももを伸ばすことによって、太ももに結び付いている腸を活性化させます。その為便秘解消を助長することになります。

 

骨盤の矯正にもなり得るので、代謝向上や腰痛予防作用もゲットできます。

 

安全ではない妊娠中にやってはいけない脚痩せ運動

 

よく見られる脚痩せでイチ押しされているものでも、妊娠中には行ってはならないリスクのある行いになることがある事を押さえておくようにしてください。

 

① マッサージに関しては、子宮にショックを与えるつぼを押してしまうケースもあるでしょうから、自身の判断ですることは止めましょう。

 

② 脚痩せのツボ押しであっても、脚やせに作用すると言われるツボの近くに、子宮にショックを与えるツボが見られるため気をつける必要があります。

 

③ マッサージオイルについては、妊娠中に影響を受けやすい妊婦さんのお肌トラブルが生じるケースもあるでしょうから成分をじっくりチェックしましょう。

 

④ むくみ解消サプリとか、ダイエットサプリに関しては、妊婦さんに支障が出る成分が活用されてあるかもしれないので、自身の判断で取り扱うのは避けるのが無難です。

注目ニュース