運動というのはダイエットには効果が期待できる。だけど、運動が嫌いな人も大勢いるのではないかと思います?こちらでは、運動することなく楽して痩せるダイエットにつきまして取り揃えました。やり続けることが、ダイエット達成の最短ルートになります。気になる人は、積極的に取り入れてはいかがでしょうか。

ダイエットに運動は必要ない?

運動行なわないでダイエット可能であれば良いのになあとお考えの人はけっこう多いと思います。ダイエットを行なう時に運動を行った方が良いと言う意見をたくさん目にしますが、それは運動を意識したダイエットを行うことによってダイエット後のリバウンドを阻止できるメリットがあるためなのです。

運動を一緒にしたダイエットを行うことによって、筋肉が増加します。筋肉が増加すればエネルギーの消費量が多くなって基礎代謝が改善されるというわけです。筋肉量が豊富であるほど、人は太りにくい痩せ体型になるということが可能だと言えます。

自分の身の回りに筋肉質の人がいるようでしたら確認してみてください。あなたと一緒程度の量の食事をしているというのに、全然太らない人がいるのではないでしょうか。これは筋肉量がたくさんあるお陰で、摂取カロリーに比べて消費されるカロリーがオーバーしていると言う証拠になります。

けれど、ダイエットを行うために絶対に運動が必須と言うことを意味しているのではございません。運動をしなくても痩せることができるダイエット方法は存在しています。

糖質制限ダイエットをすると猛スピードで老けてしまうことが判明

運動しないで痩せるためのコツ

運動しないでダイエットするっていうのは本当に出来るのかとお考えの人もいらっしゃると思われます。たくさんのメディアでダイエットを行なうには運動が必要不可欠と記されているがためにそんなふうにイメージしてしまうことも無理はございません。

だけども、運動をしないでもダイエットというのは不可能ではありません。さっそく、運動しないでダイエットを行うためのポイントをご覧してください。

足が細くなる歩き方改善のやり方 正しく歩くだけで脚痩せする方法

摂り入れるカロリーをできるだけ少なくする

運動しないで何より能率的に痩せることを望むなら、消費されるカロリーに比べて摂取カロリーをコントロールするという点になります。

ダイエットの基礎もそれに当たります。太ってしまう原因は、毎日の摂取カロリーが度を越えて多く、消費されることなく身体の中に取り残されてしまうため、段々と脂肪という形でたまり体重が増加してしまうことになります。

成人女性のケースでは、1日あたり400キロカロリー以上を消費することができる身体で無い限り、脂肪がつきやすい身体に見舞われてしまうと言われています。

基礎代謝を上昇させて運動せずに痩せる

「基礎代謝」というのはいつも私達人間が何一つしていない状況でも消費されるエネルギーを意味します。簡単に言うと、人々の脳等心臓や、筋肉や、内臓とか血液などという生活していく時に活動していなければならない部分で知らないうちに消費されているエネルギーの事になるのです。

基礎代謝がアップし盛んになることによって体脂肪が燃焼されると同時に、食事したものの蓄積を抑止する働きを獲得出来ます。基礎代謝が高くない人というのは根本的に消化のパワーが弱かったりしますので、口に運んだものがエネルギーへと変化しないで脂肪という形で身体の中に蓄積されやすくなって、太ってしまうきっかけにもつながることになります。

脂肪を燃焼させることによって運動しないで痩せる

ダイエットをやりたいという人というのは体重を落としたいと言う部分と同時に、この体脂肪を減少させすっきりとした体型になってみたいかのような希望があるはずです。

食事内容の量を調節したりすることによって、体重を減らすっていうのは想像できると思いますが、体脂肪というのは運動をやらないと取り除けないとお考えの人も少なくないと考えられます。

実際のところ体脂肪を燃焼させることを望むならジョギングだったりウォーキングや、水泳等の有酸素運動が効き目があるとされています。

けれど、運動だけに限らず、食事の食べ方やいつもの生活習慣を切り替えたり、アレンジしたりすることによって、この面倒な体脂肪をエネルギーへと変化させ、燃焼させることが可能なのです。

運動しないで痩せることが出来るダイエット方法

運動をしないで痩せるためには「摂取カロリーを少なくする」「基礎代謝をアップする」「体脂肪を燃焼させる」ことが重要になります。達成するには日頃の生活スタイルだったり食事を痩せるものへとチェンジすることが必須となります。

生活スタイルを改変して痩せる方法と食事内容を見直して痩せる方法をお教えします。

脚を細くして美脚になるには座り方と立ち方と歩き方を改善するだけで出来ます

早寝早起きをして規則正しい生活に

「早寝・早起き」が痩せるために効き目があるの?と驚かされる人もいるかと思います。いつも遅くなるまで目を覚ましている人は夕食の後にお腹がすいたりしていろいろと間食をしてしまうことになってしまいます。こういったちょっとした間食であってもダイエットにはおすすめできません。不要な間食をしないという意味を含めても22時程度には眠りにつく生活スタイルにすることを意識しましょう。

22時から午前2時迄は”眠りのゴールデンタイム”と呼ばれているタイミングで、早寝を行うことによって成長ホルモンがたくさん分泌されて、脂肪を燃焼しやすい身体へと改善することになります。

早寝を行う方と行わない方では、消費カロリーにすら違いが生じるとされていることもあって、運動をしないで痩せたい人に関してはこういった早寝・早起きの習慣を身に付けるように努力すると間違いないでしょう。

水をたくさん飲む

水を飲むっていうのは利尿作用で生じるデトックスの効果だったり代謝向上に効き目が望めます。水をたくさん飲むことによって食べすぎの防止や便秘の解消も期待出来ます。日々2リットルの水を飲むことを意識しましょう。就寝する1時間前に水をたくさん飲みすぎると高品質な睡眠を邪魔してしまう心配があるため気を付ける必要があります。

飲み方に関してですが朝起きた時に常温の水をちょっとずつ飲みます。何かと同時に飲むことはせず水のみで飲むことを意識して、2時間半ごとなど時間帯を取り決めて飲むと良いと思われます。

就寝前に白湯を飲んだら基礎代謝がアップ

就寝する前に水をたっぷりと飲んでしまったら良質な眠りを阻止する悪い影響を及ぼしてしまいます。就寝する前に水分を飲みたいケースでは”白湯”がおすすめになります。白湯を飲むことによって内臓体温をアップすることが可能で、1度アップするだけにより基礎代謝が10%以上も上がると考えられているのです。

白湯を飲むことによってリラックス効果がもたらされ、副交感神経を刺激してくれますので、快眠を促進させてくれると同時に成長ホルモンの分泌を促進させてもらえます。

【白湯の作り方】
水を火に掛け沸騰させたら、50度になるまで冷えるのを待ちます。50度まで温度が下がったら、10分程度時間を費やして少しずつ飲んでもらいます。

ダイエット効果が期待できるスニーカーを履く

ダイエットを行うことを考えれば生活スタイルや食事内容を見直すことと一緒に運動を合わせると加えて脂肪燃焼が活性化されますが、運動やりたくない!運動なしでダイエットしたいと口にする人におすすめできるのがダイエット効果を発揮するスニーカーを日頃から履いて動き回ることとなります。

ダイエット効果を発揮するスニーカーを履くことによっていつもの行動だったり移動中にこの効き目を獲得出来ます。実際のところ運動チャレンジしたいけど出来ない、長続きしない、時間が無いといった人にももってこいです。

ガムを噛み続けて満腹中枢に刺激を与えよう

ガムを噛むっていうのは満腹中枢を刺激してくれて、食べすぎだったり間食の防止に結び付きます。食事の前後にガムを噛むことによって食欲をセーブさせる事が可能となります。

ガムだとしても甘味料が扱われている商品が充実したため、カロリーの多くないノンシュガーのガムを選択すると一層効き目が手にはいります。ガムを噛むことによって食欲を押さえられると同時に、何回も噛むといった行動により、エネルギーの消費も高くなるため、一石二鳥となっています。

食事の際は食べる順番に注意しよう

食事している最中にも可能であるダイエット習慣が存在します。それは口に運ぶ順番をダイエット向けに変更するということなのです。食事をする場合にすぐさま炭水化物などというような糖質がたくさんある食べ物から口に運んでいる方は早急にお控え下さい。炭水化物を一番最初に口に入れると、血糖値がうなぎ昇りで体脂肪が付き易くなってしまうのです。

痩せることができる食事の仕方の原則は一番初めに水分で空腹状態になっている胃を満足させることが大切です。次いで野菜などというような食物繊維がたくさん入っている食べ物を口に入れると満足感が手にはいります。それから、タンパク質など含まれているメインの食べ物を味わって、主食となる炭水化物を味わうことを意識すると間違いないでしょう。

こちらの順番に変化させることによって、炭水化物を口に運ぶ量を抑制することが可能で、結論として脂肪になりやすい糖質の取り入れを食い止めることが可能となります。痩せたい人に向けた食事のやり方は以下の通りになります。

【ダイエットにふさわしい食事の一連の流れ】
お水・汁物・スープ等の水分→野菜だったりサラダ→タンパク質等のメイン→主食のお米やパンなどといった炭水化物

食べる回数を増やして痩せる

毎日3食を味わっても、お腹が空いてきてしまう、これ以外に間食してしまうという人に関しては、毎日の食事回数を5から6回にアップして体に取り入れるようにするといいでしょう。食事回数をアップするとは言っても口に入れる量を増加させてしまうのはそのまま太るだけですので、それはあってはいけません。

いままで毎日3食で摂取していた量と同じ分、5~6回の食事回数に分割することによって食事と食事の間の時間が短くなって、絶えず満腹感が保持できる状態になるでしょう。このやり方にチャレンジすることによって空腹に見舞われる時間が減少し、間食だったり食べ過ぎることを防止してもらえます。

週末ファスティングダイエット

「週末ファスティングダイエット」と言いますのは週末にのみ「ファスティング(断食)」を実施するダイエット方法になります。ファスティングダイエットというのは断食であっても、お粥とか野菜ジュースによって空腹を紛らわすことは問題なく期間も僅かなためダイエットが続かないという方にでもすることが簡単な方法になります。

ファスティングダイエットというのは身体の中に存在する不要な物質を取り除き、消化機能を休息させることによって脂肪燃焼の効果だったりデトックス効果が期待出来ます。どんな方でも心もとなさを感じるお腹痩せの効き目もぶっちぎりです。

ファスティングダイエットに関しては即効性があることもあって、3日間以上はしないでください。やる場合は、今までの食事量を少しずつ少なくしつつ断食した方が良いでしょう。やったことなくて初めて行うとか慣れていない状態では1日のみやって様子を見てもらいます。1日だけだとしても効き目が感じ取れますよ。

ファスティングダイエットを終了させた後は、即座にいつもどおりの食べ物を補給することはしないで、お粥などというような胃に影響が少ないものをちょっと食べ、消化機能を少しずつ呼び起こすような感じでもとに戻していきましょう。

8時間ダイエット

「8時間ダイエット」と呼ばれているのは朝食から夕食を食べ切るまでの時間を一日毎8時間以内に制限するダイエット方法のことを指すのです。

8時間に抑え込むことによって、残り16時間は何一つ口に運ばない”プチ断食”をしていきます。何一つ口に運ばない16時間に関しては水とかカロリーの多くない水分のみ体に取り入れることが行なえ、それによって消化吸収が効率良くなってエネルギーを燃焼・消費してくれることになります。

方法に関しては朝御飯が10時であるのなら、18時までにその日のお食事を食べきってもらいます。18時にまでに晩御飯を食べるとなればお仕事をやっている人には無理だと思います。1日毎に8時間以内にトータルの食事を済ますことができない時は8時間という時間制限はスルーして、その日に食べ終わった晩御飯から16時間は一切口に運ばないようにすると良いいでしょう。

食べることができることになっている8時間以内にに関しては何を味わっても問題ないのですが、低いカロリーの食材を口にするよう意識してください。これまでの食事内容に時間制限をプラスするのみで可能なダイエット方法ですからストレスもあまりなく、1週間などという短期間でお腹痩せの効き目を確保できるやり方です。

運動しなくてもリバウンドしない方法

だれもが心配していることと言ったらダイエットがうまく行っても、体重が再び元に戻ってしまうリバウンドでございます。何よりも運動を一緒にしないでダイエットをやるケースでは、リバウンドすることが多いと言われているから心がける必要があります。

体重が戻らないように食事は30分以上かける

運動しないでダイエットすると絶対にリバウンドしてしまうのかと言われると、そんなことはありません。運動しないでダイエットを開始するケースでは、「食事に関しては30分以上使って口にする」ことを心掛けることによってリバウンドすることを阻止することが可能になります。

食事をした際に私たちが満腹に見舞われるのは「レプチン」という名のホルモンが分泌されて、このホルモンが「満腹中枢」に刺激をあたえた際に生じます。

「レプチン」というのは食事を摂取し始めてから20分が過ぎないと分泌してもらえないため、素早く味わう”早食い”を行なうと、レプチンが生み出される前にとっくに大量の量を体内に入れてしまっている状態になって、体重がこの状態でキープできなくなって、リバウンドしてしまうことになるのです。

ダイエットした後のリバウンドを避けたければ、レプチンを生み出して満腹中枢を刺激するために、食事に30分以上の時間をかけて少しずつゆっくりと噛んで味わうことを意識しましょう。

辛いと続かないので自分で出来る範囲でダイエットしよう

運動が得意な方は運動を合わせたダイエットを行なうことによってリバウンドしにくい減量をしてみたら良いと思います。けれども、運動が得意じゃない、行っても即座に投げ出してしまうと言う方に関しては運動を無理やりやることはせず、生活スタイルや食事内容を良化することによってダイエットを目指してください。

生活スタイルや食事内容の向上したことによるダイエットというのはリバウンドすることが多いというデメリットがありますけど、食事を30分以上かけて少しずつしっかり噛んで食べることによって回避できます。辛くないダイエットによって本日からダイエットを始めてください!

注目ニュース