女性の皆様にとって生理というのは不快なものでしょうが、遅れたらほんの少し心配でよね。単なる遅れか、あるいは赤ちゃん? そっくりなようでビミョーに異なる生理前の体の乱れと妊娠の初期症状に関して解説を行ないます。

 

女性の方々は妊娠をすると生理がストップし、身体の中で大事な生命をはぐくみます。赤ちゃんを希望している女性陣にすれば待ちに待ったタイミングでしょう。ところが生理がやって来ないからという理由で早急に妊娠をしているとというのは断定できません。

 

近頃の女性の方々は多忙でストレス一杯な日々の生活がぶっ通しの方もたくさんいます。生理は月ごとにきて当然、と考えていたとしても遅れることだって頻繁にあります。加えて、生理そのものの頻度は月ごとに決まっているとしても実際の所排卵が行われていないといったケースもあるわけです。

 

よくわかっているようであまり知らない「女性の生理」に関してもう一回復習した後、生理の前のサインと妊娠初期症状に関して違いを頭に入れていってください。

 

生理ってどんな仕組みなの?

女性の人は月毎に一回生理(月経)が来ます。この1ヶ月に起こるカラダの変化に関して説明していきます。

 

女性の卵巣においては、生まれつき数十万の卵胞(卵子が含まれた袋っぽいもの)があって、月ごとに、その中の数個が成長し、いちばん大きく成長したたった1つの卵胞の中にある卵子のみが、卵巣の外側にはじき出されます。それが「排卵」で、排卵した卵子に関しては、卵管に取り込まれ、そしてこの辺で精子が来るのを待機します。それから、タイミングぴったしで精子に出会えれば、受精卵となって、細胞分裂をリピートし続けながら、子宮へと進みます。

 

その点、子宮というものは、排卵が終われば、内膜(子宮内膜)をふわふわのベッドと同じ様に肉厚になって、受精卵が来ることを待ち続けます。そのうえで、受精卵がついて、子宮内膜に着床した場合、妊娠が成り立ちます。ところが、受精卵が来ないと、肉厚になってくれた子宮内膜は要らなくなりますので、めくれて落ちて血液と一緒に排出され、生理が来ます。

 

生理がスタートすると脳内ではもう一回次にやってくる生理の為の準備の指示が出されます。生理がスタートすると3?7日程度の間、出血します。ですが、生理ではないケースでも女性の身体の中では赤ちゃんを作成する用意を常時実行していることが判断できますね。

 

あれ?生理がなかなか来ない?もしかして妊娠かも?

生理周期が間違いのない人ほど生理が遅くなると心配してしまいがちですね。ところが、生理がやって来ないからといって妊娠してしまったと考えることは正しくない考えになります。
これから、妊娠の初期症状に関して解説していくつもりです。

 

妊娠初期の内にもたらされる主な10の症状

妊娠初期については色んな症状が発症します。これから例えをピックアップして解説していくわけですが、こういう症状は体質によって全然生じなかったり、ひどい症状が現れたりといった個人差があるのです。

 

いずれか一つが当てはまるからという理由で妊娠しているとは断定できません。

 

1.少しばかりの出血

妊娠初期にちょっとの出血が生じるケースがあります。「着床出血」といってわずかな出血が1~数日にわたるケースがあります。ホルモンの影響が関係しておりこれそのものは不安な症状ではないですが、妊娠が明確に分かっている時点で出血が見られるケースでは自己判断しないで、医者に相談しましょう。

 

2.腰痛・下腹部の痛み

妊娠初期から子供の誕生まで筋肉を弛緩するホルモンが分泌します。出産シーンで骨盤であったり関節まわりの筋肉を緩め赤ちゃんが無理なく産道を通れる状態にすることを目指すホルモンになります。このホルモンに関しては生理の際にも排出されますから腰または骨盤に負荷が掛かると腰痛を覚えます。

 

このような腰痛を下腹部痛と感じる女性もおります。妊娠が疑われるケースで下腹部痛が普通の痛みよりハードな場合は子宮外妊娠(子宮上で着床せず卵管内で着床)の場合があります。

 

妊娠が確定で下腹部痛が強力ならばいち早く診察してもらって下さい。

 

3.貧血

子宮の内側にある子宮内膜に関しては、生理の前になったら柔らかいベッドと同様に厚めになるのです。それから子宮内膜を厚くするためには大量の鉄分がなくてはなりません。女性はもとから貧血に見舞われやすい人体であるのを頭に入れておいて下さい。それから、妊娠すると身体の中では赤ちゃんを守って成長を助長する影響で血流量も増えてきて、一層貧血が生じがちになるはずです。

 

4.吐き気やつわり

よく聞くつわりといった症状なんですが、つわりが生じるのは妊娠してから4週頃から16週あたりまでの期間とのことです。妊娠4週と言えばほんの少し生理が遅め……と思うくらいの場合です。

 

胃のあたりがムカッとくるくらいで終了する人も居れば、食の好みがその時だけ全部変化してしまうという方もおられます。レモンとか梅干しを食したくなる、というのもよく耳にする症状ですね。だけど、すっぱいものがほしくなるわけもどうしておう吐、むかつきのような症状が出てくるかもこれだという要因は解き明かされておりません。

 

5.風邪みたいな症状(微熱・頭痛・鼻水)

妊娠初期にに関しては発熱や頭痛が症状となってうったえる女性がたくさんいます。妊娠時に引き起こされる頭痛や微熱を招く原因は黄体ホルモンが関係しております。黄体ホルモンは妊娠を持続させるよう体温を少し高くキープしようとしているのです。それから、血管を拡大する機能も持ち合わせています。血管を拡大するというのは胎児や胎盤それぞれに血流をアップするためみたいです。

 

風邪とはき違えて薬を摂取してしまったら風邪薬や解熱剤のタイプによっては胎児によろしくない可能性が考えられるから、妊娠の可能性をお医者さんに伝えて病院を受診する感じにしましょう。

 

6.できもの・肌の荒れ

ホルモンバランスが不調になり、黄体ホルモンの作用が原因となって肌荒れの症状が現れる女性もおります。妊娠時には水分も胎児に与えられることから肌の水分量が減るのも原因となります。つまり吹出物ができがちになってしまったり、肌のかさつきや乾燥が症状となって出現する人がいるのです。

 

7.むくみ

この症状は妊娠初期に感じ易い症状の代表的なものになります。妊娠時には黄体ホルモンが普通の何倍も分泌されるでしょう。黄体ホルモンには水分をキープし、食欲を促す働きも存在します。尿によって排水されることなく体内に溜まった水分がむくみという形であらわれてきます。

 

8.苛立ちや不安感・涙もろくなってしまう

妊娠初期に関してはホルモンバランスの乱れから情緒が安定しなくなります。女性陣が妊娠すると身体の中のホルモンバランスが大きく変化します。ですが、ストレスにより女性ホルモンが低下したケースも情緒の不安定とか不眠の症状もあらわれますし、妊娠が明らかになりたことが原因で負担を感じて神経質になる方もおられます。まわりはそのような可能性も推測して、不安を抱える女性の人にふれあうことが重要になります。

 

9.胸のハリや痛みを感じる

妊娠をすると女性ホルモンが爆発的に増加するのです。出産した後だけしか必要性がないと言うのに、母乳の使用準備が妊娠初期よりスタートされます。ホルモンが原因で母乳が作り出される乳腺組織、そして母乳が経由する乳管が成長しますので体質によって歩くごとに痛みに見舞われるくらいです。

 

10.体がだるい・眠気が襲う

黄体ホルモンに関しては睡眠を助長する作用を持ち合わせています。ホルモンの排出は察知することなく実行されますから、ふいに昼の間から強烈な眠気を催すことが起こります。

 

妊娠に関しては受精卵が子宮内ですごい勢いで成長し、そのタイミングで体中のエネルギーが思い切り消費されるでしょう。これについても無自覚のうちに身体の中で生じている症状なのでいつの間にか疲れや眠気となって現れてしまいます。

 

10個の症状は全部生理前にでる

妊娠初期に引き起こされる症状をお伝えしましたが、なんと、それらすべては「生理前の前兆」として起きる可能性だってあるのです。

 

生理の際にもたらされるこれらの症状の事を「月経前症候群(PMS)」といいます。月経前症候群にしろ妊娠初期の症状であっても個人差があって、たくさん出る人もいるし全然自覚無しの人、動けなくなるくらいひどくなる人などバラバラです。

 

簡単に生理前の症状と妊娠を見分けられる3つの方法

症状が同じ程度なのであれば女性が戸惑うのは当然ですよね。見分けるよりもどのようにして妊娠だと断定するかということです。妊娠じゃなかったら生理前の症状(PMS)もしくは婦人科系の疾患の可能性も伴うワケです。

 

大きく3つの手段で「妊娠」を見分けられますのでご紹介します。

 

基礎体温・高温期が2週間以上持続すれば妊娠の可能性あり

基礎体温を自覚するというのが妊娠を初期で確かめるには有効的な手段になります。女性の体温というのは排卵日に一度下降し、この後は高温期が10日から15日程度キープし、生理が始まれば再度体温は低落します。

 

万が一、妊娠をしているようでしたら生理は来ず体温の高い状況が連続します。加えて、女性によっては生理予定日により以上に体温があがったといった方もおります。これに関しては黄体ホルモンが妊娠で一層激しく分泌したためです。

 

おりものに変化が引き起こされる

おりものの量が減少する、色が黄色っぽく変化する、粘りが消失する、などというおりものの「変化」それぞれで妊娠の可能性に気がつくケースがあります。

 

お腹の痛みが普段と違う?

妊娠の初期症状の場所で、腰痛もしくは腹痛をご紹介しておりますが、これに関しては普段の生理前の症状とそっくりです。

下腹に痛みが伴うのにもかかわらず生理がやって来ないならば妊娠の可能性も存在する事を認識して、早いうちに病院診察をしてください。

 

からだの変化を大事に考える

健康的な女性の人体は絶えることなく妊娠のことを考えて準備をしているのです。身体の中で感知できない変化がほとんど毎日起こり妊娠につながらなかったら生理がもたらされてもう1回いちからやり直し、これを閉経まで何度も行うというわけです。

 

それから妊娠すると次は出産に備え、たくさんのホルモンの分泌が生じるため人体に引き起こされる症状は個人個人で差はあるのだけれど、ホルモンの影響を見るからに受けてしまうのです。

 

しかし、今の女性を取り囲む仕事、家庭内でのお仕事は広範囲でとてもストレスの多い日々の生活が必要になります。ストレスいっぱいな日々の生活が継続していくとホルモンバランスが崩れてしまって、情緒が安定しなくなって不機嫌になったり、排卵がストップされる無排卵月経などになりかねません。

 

ホルモン次第の女性が妊娠を察知するには、自分自身の身体と心の変化に気を使っておくことです。「普段と異なるな」このイメージを重要視し、それがいつごろからか、どれだけ続くのだろうかを記録してストックしておくことは一つの判断ということなのです。

 

基礎体温表をつけるというのは体のちょっとした変化を明らかにする方法ですので、できるだけ生活に取り込んでください。そして、どうしたって困難だという人に関しては生理日を予期するアプリなんかもございますからとにかくそこからチャレンジするのも良いでしょう。自分自身の体に目をむけて、妊娠初期のわずかな変化に気が付く手助けにしていただきたいと思います。

注目ニュース