漫画家の電気こうたろうさんが描いた創作漫画「猫に寿命をわける話」がTwitterで感動すると話題となっています。

動物病院で余命1年と診断された猫のチュッチュッ。しかし、病院には生命エネルギーを人からペットに分けられる機械が置いてあり、これを使えば飼い主Aさんの寿命と引き換えにチュッチュッの寿命を延ばせるといいます。

その場では決断しなかったAさん。帰り道、ハムに見える雲や道端に咲いている花をチュッチュッに見せようとしますが、ケージの中のチュッチュッは起き上がることができず、その姿を見たAさんは悲しみに暮れてしまいます。

もう一度動物病院に行き、チュッチュッに自分の寿命を分けることを決めたAさん。獣医が意気揚々と寿命を分ける手はずを整えていきます。

不安そうなチュッチュッに優しい言葉をかけて安心させ、機械によってAさんの寿命がチュッチュッの寿命へと変わります。

Aさんの寿命10年と引き換えにチュッチュッの寿命が1年伸びました。10年の寿命を分けたからチュッチュッの寿命が10年伸びると思っていたAさんですが、獣医から人と猫は心拍数や代謝が違うからそうはならない、分けた寿命を戻すのは無理だしお金もちゃんと払ってねと冷たくあしらわれてしまいます。

自宅に帰るとチュッチュッは元気になっており、猫じゃらしにジャンプして飛びつくまでに回復しました。Aさんはチュッチュッがいれば服や友達もいらないし、ジュースも我慢できる、だから長生きしてほしいという気持ちがさらに強くなっていきました。

働いてはチュッチュッに寿命を分けるAさん。3度目に寿命をあげたあとには、獣医からこれ以上寿命を分けることができないと言われます。

10年分の寿命を与えることを繰り返すことで、チュッチュッに見せたかったハムのような雲に気づかず、道端の花も食べ物と勘違いしてしまい食べてしまうほど老化してしまったAさん。

獣医からこれ以上は寿命を分けられないと言われても、毎日のように動物病院に通っては看護師にチュッチュッを長生きさせろと詰め寄ります。何度断っても毎日来るAさんのことをボケババアとののしる看護師でしたが、獣医はAさんに理解を示し、看護師に発言を取り消して謝れと擁護するようになりました。

動物病院からタクシーで帰宅するAさんですが、途中でタクシーを降り、チュッチュッを連れて歩き出します。疲れて一休みし、ケージの中を確認すると、そこには動かなくなったチュッチュッの姿がありました。

Aさんは子猫のチュッチュッを拾ったときから、成長し、いずれ自分より先に逝ってしまうことは頭の中で理解していました。しかし、いざチュッチュッが死んでしまう涙が止まりません。

悲しみに暮れるAさん。動かなくなったチュッチュッを連れて、「チュッチュッは母ちゃんと一緒ぉ~!!」と叫ぶように歌い続けるのでした。

この作品は特にペットを飼っている人の心に刺さっているようで、読者から「先日にゃんこが亡くなって、この漫画を読んで泣きました」や「うちにいるのはわんちゃんなんですがもっと遊びたいと思いました」といった感想が集まっています。

作者の電気こうたろうさんはTwitterで、「感想ひとつひとつ読ませて頂いてます。僕が話すのがすごく苦手なので全然返事が出来てませんが、犬ちゃんや猫ちゃんのことを打ち明けてくださるのを見てすごく悲しくなったり、たまらなくなったりしてます。すごく大事なことだと思います。是非ここでよければ打ち明けてください。」と語っています。

画像提供:電気こうたろうさん

スポンサーリンク


みんなのコメント

 

名無しさん
私の場合は逆だったなぁ。
飼い猫が自分の生命を削ってまでして、私に長生きをさせようとした。
私は健康診断でクレアニンが高く、腎機能が衰え始めているが、
自覚症状がないので、食生活を改善したりといった対策は取らないでいた。
そんななか、飼い猫が慢性腎不全で死んでしまい、
この私に腎臓へのいたわりを気づかせてくれた。
「長生きしなさい」と飼い猫が自らの生命を削ってまでして私に教えてくれた。
(=゚ω゚)ノ
皆さん考える事は一緒ですね。うちにも一緒に暮らして8年になる愛猫がいます。自分の寿命を分け与えたいと思うのが一番考える事だと思います。だって大事な家族なのだから。今居る愛猫を精一杯可愛がりたいと思います。でもその時は来ると分かっていても嫌だなー。元気な今からでも自分の寿命を分け与えたいと思うもん。
名無しさん
やばい…潤んでしまった…。
涙腺が緩んだ人は多いと思う。
確実に自分より早く亡くなって
しまうからこそ今を幸せに
一緒に生きて欲しいと思う。
名無しさん
ほんとにいくらでもあげたい。あげたいけど心拍数とかそんなの考えたことなかったから罠に今気が付いた!
そうだよね、時間の流れ方が違うんだよね…。
名無しさん
何匹も犬や猫を飼って、そのたびに病気や寿命でお別れもしてきたし、やっぱりそのたびに悲しんだからこの漫画の気持ちって凄く分かる。けど命とか愛情ってのは巡るものだと思っています。どの子もみんな同じように好きだったし、願わくばもっと一緒にいたかったけど自分だって限りある命を生きてるわけで。命を分けるというのは「寿命を分ける」ことじゃなく、その時間を精一杯分け合うことだと思っているので、今いる三匹のにゃんこたちを今までの子たち以上に愛して大事にし、自分が人として心豊かな人生を送ることが出会ったワンニャン達との意味を深くすると思うので、最期まで精一杯一緒にいようと思う。「普通のカリカリじゃなくてもっとシーバよこせ」っていう傍若無人なデモにも応えようと思う…。
名無しさん
猫を看取った一週間後にポックリ死にたい。
gmw
ベタだけど、私の理想の今際の際は、
フランダースの犬です。
うちの愛猫と、手と手を取り合いながら、あの世へ行く。
ほら、死ぬのなんか怖くない。
愛猫を失う辛さに比べたら。
名無しさん
猫を飼ってないとわからないのかもですが
世話を考えると自分が先にあの世にいくわけにはいかないなと思います
ちゃんと看取って弔いたい
名無しさん
10年あげたら10年になると思うよね…切ないお話。我が家の上の猫は大人になって保護したので何歳かわからないけど、一緒に暮らして16年。すっごいいい子で、いい子すぎて「家に来て幸せですか?」って聞いちゃう。返事はいつも「ゴロゴロ」。残り何年かわからないけどずーと「ゴロゴロ」言ってほしい。
名無しさん
不覚にも涙が・・愛犬が癌になった時に自分の寿命を半分にして良いから治してくれ・・と思った事もある。でも最近思う。長生きして私が居なくなった後まで、愛犬だけ残ってしまったら?とも。人より短い生涯を精一杯楽しく一緒に過ごしてあげる事が良いのかなと。
名無しさん
ずっと一緒に居たいし、寿命分けてあげたいとも思うけど、私は分けないかな…
だって、ちゃんと全部覚えた状態で責任もって見送ってあげたいから…
名無しさん
今まで、何匹かの猫とお別れしてきたけど
いつも思うのは、家に来て幸せだったかなあとか
もっと何かしてやれなかっただろうかという事ばかり
一日一日、大切に一緒に生きようと考えさせられました
名無しさん
痛いほど気持ちが分かり心が辛くなりました。
残して先に死んでしまうのが一番怖いと思います。ですが尿毒症の発作が起き苦しそうにしていた愛猫を見たとき私の寿命を分けるように何度も祈ってしまいました。一日耐えた後最後発作が起き、医師から渡された座薬を打ちましたが先月末に逝ってしまいました。19年も生きてくれたので長く頑張ってくれたと思います。
少し前までは元気に走り回っていたのに最後の発作の時の光景が目に焼き付いて離れません。愛猫が死の今際に居る時多くの人がふとこの考えを抱いてしまうのではないかと思いました。
名無しさん
う~ん
「飼いネコの儚い一生にすべてをささげ続ける」という
シチュエーションには感動的な気はするんだけど・・・
ここまでなっちゃうと犬飼ってる自分でも正直付いて行けない・・・
最後のオチを見て、全部分かってもなお正直「怖いわこの人・・・」
と言う感情がでてしまう。
まあそれだけ自分が薄情ってことなんですかね。。。
名無しさん
亡くした一代目の猫を思い出した。
亡骸を埋める時、どんなに生き返ってくれと泣いたか・・・・
「埋めたくない」と、年も忘れて何度も何度も抱きしめながら言った事か。
あれから4年経ち、猫もまた増えたが彼を忘れたことはない。
命日に今年もまた花をかざり、彼の里帰りを待つ。
名無しさん
気持ちがわかりすぎて泣きました。あの子が生きていてくれるなら自分の寿命なんていくらでも渡したのにと。でも出来ないから、いま残られた子達に精一杯の愛情を注ぎたい。
名無しさん
ペットいないけど泣きました。そんな大切なものができたらいいな
名無しさん
分かるなあ。
俺も愛息子であるヒインコに毎晩子守唄歌って寝かし付けてる
バカ親なのだがw
俺の寿命分けるから長生きしておくれと念じている。
しかし今迄数多く肉親や犬や猫を見送ってきた身としては
教訓としてペットロスにならないように
子供達に安全と幸せな日常をプレゼントしきれたと確信できるように、後悔するような事はしないという理念が
身に付いてきて避けられないお別れにポジティブに成れる
気はしている。
名無しさん
同じこと考えてる人、やっぱりいるんだなあ。
今はまだ元気だけど、二日に一回はこの子達が死ぬことを考えてしまって心臓がきゅーっとなる。
この子達より先に死にたいとさえ思う。
あとは旦那に任せて…先に。
名無しさん
寿命を1年ほど残してあとは金で売りたいな1秒1億円からww
あるいは靭帯とか腕とか怪我したスポーツ選手と金銭トレードしたり。
腹痛も家にいる時は100円で代わるから。
名無しさん
寿命をあげたいけれど、あげられない。
きみの最期まで絶対に一緒にいるから、あっちに行ったらすぐに迎えに来てくれよと、思う。
人間でも動物でも関係ないよ、愛情なんて。
名無しさん
だめだわ、これ……涙とまらなくなる。
昨年亡くなったうちのコは、ぜんぜんそんな名前じゃないのに、あだ名でチュッちゃん、チュッチュ、と呼んでたからよけいに感情移入。
そして、私も自分の寿命あげたいと思ってた。
猫たちを愛する飼い主さんはみんな一度は考えたことあるんじゃないかな。
なんにもいらないから、長く生きて一緒にいてほしいって願い、すっごいわかる。
みんな、どうか健康で長生きしてね。


スポンサーリンク


fun
チュッチュは、寿命が1年延びただけでなく元気にもなったから、それなら自分の10年を分ける価値はあると本気で思ってしまった、うちは犬だけど。先立たれるのをわかっていて迎えてるのだけど、自分が看取ってあげなきゃいけないのだけど、やっぱり動かなくなる日が来なんて考えただけで息苦しい。人より短い一生だから、元気で幸せな瞬間をたくさん積み重ねて生きてほしい。
そうできるのは飼い主次第。
名無しさん
10代や20代の頃は歳をとるっていう感覚がなかったし老いるということなんて考えたこともなかった。親も元気だしいつまでもこのままなんだって思ってたな。でも、だんだんと年齢を重ねていくと時間ってあっという間に過ぎていくし気がついたらもうこんな歳なのかとどきっとすることがある。親もいつの間にかお父さんお母さんからおじいちゃん、おばあちゃんになってて時間が過ぎたんだなーと感じる。いつまでも元気でいたいしいてほしいけど時間だけはどうやっても止められない。一日一日はちっぽけだけどとても貴重な時間。
名無しさん
苦楽を共に捨てきた最愛の長女猫の突然死、立ち直れないけどまだ残り2匹の猫達が居る。
このやり切れない気持ちは何処に行くのだろうか。
名無しさん
私も、二年前に愛猫が亡くなる何年も前にあまりのかわいさに私の寿命を少し減っても長生きしますようにと思っていました。母親がやめなさい。そんなこと思うの。なんて言われました。15歳までいきました。10年までとは思わなかったけど本当に1、2年はあげたいと思いました。いつか、いつかあえるでしょ。(笑顔。)
gina(*)
読んで損した
完全な人間の自己満足
にゃんこわんこととこ‥イイ迷惑
独りよがり
パパイヤ
ペットは家族なんですよね。子供と同じ。いつまでもいつまでも生きて欲しいと願ってしまいます。
名無しさん
私も昔から、愛犬に自分の寿命を分け与えられたら~と妄想していたので、このマンガの飼い主の気持ちや行動が痛いほどわかります。
大切な愛犬と永遠に一緒に居られるなら、大好きな食べ物も友達も要らないと私も本気で思います。異常かもしれないし依存しすぎなのかもしれないけど、一緒に連れ添ってきた犬や猫はそれほど大切な存在なのです。
名無しさん
動物病院で働いていて思うのは、飼い主さんの愛情に応えようとするペットたちの生命力はすごいということです。病気や老衰で危なくなっても何度も復活している姿は(もちろん飼い主さんの看病の甲斐もあるのでしょうが)、ペットたちも飼い主さんと離れたくないし、置いて先に天国に行くと飼い主さんが悲しむから死ぬわけにいかない、そういう意志があるように思えます。
名無しさん
お嫁に来て5年。
義母が可愛がっている猫が、
私になついて、
何処にでも(トイレ、お風呂は勿論、出勤するために歩いてたら、バス停までも)ついてくるようになりました。
今も、私の隣ですやすや眠っています。
15歳を過ぎた老猫ですが
「お姉より早く死んだら駄目よ。先に死んだら、お姉は悲しくて、ずっとずっと泣くよ」と言ってます。
寿命を分ける装置があるなら、私の全ての寿命をあげます。
この子の亡くなる姿を見たくない。
私が先に死にたいです。
名無しさん
そうですよね。
「こうなるの分かっててあんたを拾ったのに」
泣けて泣けて、鼻が詰まって寝れません…
名無しさん
飼う側の気持ちとしては理解できる
だけど、この寿命の分け与えをした回数だけ、チュッチュは死の淵を見るとこまで弱ってたりしたのかな…
そうだとしたら、最期のシーンでの台詞を言うなら、最初から寿命を分け与えるのも酷な気もした
創作ではあるけど
名無しさん
はんぶんこしたかったなあ
ジャックラッセル
自分の飼ってた犬がガンで死んだ時は涙枯れるまで泣いたな。
私は自分の兄弟のように犬を可愛がっていたけど、当の犬の方は私の事を実の子供のように接していた。暇にしていたら、遊びに誘いに来、落ち込んでいる時は擦り寄るようにやって来て私の顔を舐めてくる。
そんな犬の死を間近にして自分の命を分けてやれないか本気で考えた。
全身に癌が転移して痛くて動けないはずだというのに最後まで自分の顔を見て尻尾を振ってくれたのが忘れられない。ペットと心通じた者でしか分からない境地がある。
名無しさん
記事を読んで漫画の内容を理解したら喉が熱くなるくらい涙が出た。
去年遠方に住む実家の両親が難しい手術を無事に終えて、保健所で子猫を引き取った。ずっと元気で幸せでいて欲しい。
名無しさん
ヤバいなー、最近猫飼い始めた。いずれチュッチュのようになるのか…
名無しさん
猫は延命を望んでいたのかな?
これは人にも当てはまる。
他意による延命、、、自然ではないよな。
名無しさん
猫に寿命を分けたいと思った事はない。
猫を遺して死ぬわけにはいかないから。
悲しくて、苦しくて、ボロボロ泣いたけど、今も時々泣くけれど、猫たちを看取ることができて、本当に良かったと思ってる。
usajima
個人的に好きな表現ではないが、こういう作品を「尊い」とおもいます。
?(´°????????ω°????????`)
名無しさん
読まなきゃ良かった……。
うちの子が死んだらと思うと涙が止まらん。
名無しさん
寿命を分け与えることが出来たとしても、私はやらない。
もし10年あげてしまって、結果、その子より先に死んでしまったら、誰が最期まで面倒を見てくれるの?
だったら残り少ない時間、悔いのないようお世話をしてあげたい。
そしてその子が虹の橋を渡った後にまだ自分の寿命が残っていたら、別の小さい命を幸せにしてあげたい。
SILVERspoon
全く意味がわからなかった
yutuyutu
泣きました。数年前に愛猫に大きな腫瘍が見つかって、余命は数ヶ月と宣告されました。毎晩、私の命をあげるからどうか長生きさせてと神様に祈りました。
名無しさん
猫に10年の寿命を分けた瞬間に自分が死ぬかもしれないってことは考えないんだな……自分はいつまでも元気だと、結構思ってるもんだよね
名無しさん
どの子も大好きな飼い主さんと、幸せなときを過ごせて喜んでる。
飼い主さんもペットからたくさんの幸せをもらってる。
飼い主さんもペットが大好き
ペットも飼い主さんが大好き
悲しいけど、温かい時間を過ごせたことが幸せ
でもまた会いたいな
名無しさん
当たり前かもしれんが、親だって私より先に逝く。
悲しくなってきた。
七夕虎
毎日一緒にいて生活してると本当に猫も家族になる。だからこそ、人間より寿命が短く死んでしまう猫に出来る限り一生懸命お世話をし、可愛がる。うちも現在も二匹の猫がいるが、今まで飼っていた猫は何匹か死んでしまっている。子供達も私も妻も本当に悲しくて泣いた。今でもその猫たちのことは忘れないし、これからも猫を飼う以上、こういう悲しい時期を迎えることもあるだろう。やはりその時は辛いけど、それでも猫を飼わずにはいられない。新たにやってきた猫は前の猫の代わりではなく、別の猫と理解して、しっかりと可愛がり、また世話をしていく。猫と言えど、やはり家族の一員。自分の寿命をという気持ちも理解できる。
名無しさん
ずっと涙が止まらない
もっと犬との時間を大切にしなきゃ
ポン太
私はうちの子より長生きしたい。
おばあさん猫なんて、誰も引き取ってくれない。この歳で野良なんて生きていけるはずがない。
最後を看取って、お葬式も上げてあげたい。
それが済んだら、いつ死んでもいい。

 

スポンサーリンク


注目ニュース

関連記事