年配のパパ、ママや老親と3世代同居する家庭が増えているが、育ち盛りの子供がいる場合は食事に気をつけた方がいい。子供の好みに合わせて揚げ物やハンバーグ、焼き肉など脂っこい食事になりがちで、祖父母はもちろん、パパ、ママもすい臓にダメージを受ける恐れがある。「日本人の遺伝子」(角川新書)の著者で国際医療福祉大学病院内科の一石英一郎教授(消化器内科)に聞いた。

吉田恵子さん(仮名=78歳)は半年ほど前に腹部に強い痛みを感じた。「胃の病気」を疑い大学病院で胃カメラを撮ってもらったが異常なし。胃はまったくきれいな状態だった。

念のためMRI(磁気共鳴画像装置)を撮ったところ、胃の裏側にあるすい臓がボロボロになっていた。

「吉田さんは、すい嚢胞ができており、すいがん寸前の慢性すい炎でした。共稼ぎの娘夫婦と小学生、中学生の孫と同居していた吉田さんは料理を担当。“孫の喜ぶ顔が見たい”と、毎日のように孫の好物の揚げ物を作っていました。わざわざ自分や娘夫婦用の食事を作るのも面倒なので、孫と同じものを食べていたようです。結果、すい臓に負担がかかったのです」

慢性すい炎になると「腹部の痛み」「倦怠感」「背中の凝り」「体重低下」「水面に広がる脂便」などの症状が出る。吉田さんも思い当たることがあったと言う。

すい臓は胃の裏側にある長さ15センチほどの臓器で、すい液を作り、十二指腸に送る。具体的には、糖質を分解するアミラーゼ、タンパク質を分解するトリプシン、脂肪を分解するリパーゼといった消化・分解酵素や糖の代謝に必要なインスリン、グルカゴンなどのホルモンを分泌する。

「これがうまく働かないと、細胞に栄養が供給されず、エネルギーが作れなくなります。すい臓が悪いと疲れやすいのはこのためです。50年ほど前まで日常的に脂っぽい食事をする習慣がなかった日本人はすい臓の機能が弱い。晩婚化で女性の第1子出産の平均年齢は31歳となったのに、すい臓が縮小しその機能低下が目立ち始める40代以降も子供と同じ脂肪たっぷりの食事を取り続ければ、すい臓に問題が起きるのは当然です」

すい臓の病気は短命につながる。日本の慢性すい炎の平均死亡年齢は男性が67.2歳、女性は68.7歳と平均寿命より10歳以上短い。死因の44%はがんである。

ところが現在の人間ドックや健診はすい臓の異変を見逃しがちで、重度のすい炎やすい臓がんになって初めて気づく場合が多い。国立がん研究センターによると、すい臓がんが発見された時点で他の臓器に転移して手術ができない4期のケースが40%以上で、転移のない0期と1期での発見はたった12%。すべてのがんの5年生存率が62.1%に対してすい臓がんのそれは7.7%だった。

■女性の罹患率が急上昇

とくに女性は注意が必要だ。

すい臓がんのリスクファクターは「年齢」「喫煙」「肥満」「運動不足」「脂肪過剰な食事」「飲酒」「糖尿病」などで、高齢な男性が多かった。近年は女性の罹患率が急上昇している。

「気になるのは飲酒や喫煙の経験がない女性患者が増えていることです。男性と違い外食の回数が少なく、子供と同じ食事になりやすい。気付かずに脂肪過剰の食事を取っている可能性があり、そのことがすい臓に関わる遺伝子に影響を与えているのかもしれません」

例えばすい臓をつかさどる遺伝子に「トリプシン・インヒビター1」がある。消化酵素トリプシンを制限する働きがあり、これが弱いとトリプシンが暴走して自分の体内のタンパク質を分解してしまう。フランスの研究ではすい臓の弱い家系はこの遺伝子が欠損するか、弱っていたと報告されている。

“食事くらいで遺伝子の病気であるがんになるはずがない”と思う人もいるかもしれない。しかし、遺伝情報が書かれたDNAの変化を伴わずに、食事や運動習慣などの外部刺激で遺伝子を載せた染色体が変化。がん遺伝子やがん抑制遺伝子などをオン、オフすることがある。これをエピジェネティクスという。

「ハワイの日系移民や沖縄県民が食事の西洋化で短命になったのもその影響かもしれません。血液検査でトリプシンやアミラーゼが高かったら、医師と相談してMRIや超音波内視鏡検査を受けた方がいいかもしれません。前がん病変であるすい嚢胞やすい管拡張が見つかることがあります」

2親等以内にがんを患った人がいれば、すい臓がんのリスクは1・85倍、乳がんの人がいれば3倍に跳ね上がる。

「糖尿病にも注意が必要です。米国ではすいがんの患者の60~81%は糖尿病で、病歴10年以上の人は健康な人に比べて50%も発症リスクが上昇します。こういう人もすい臓の定期的検査が必要です」

まずは子供と大人の食事は分けることだ。

みんなのコメント

 

名無しさん
油もん好き。。ヤバイな。
hin
私の知人や会社関係で膵がんで亡くなった方が3人いるんですが、子ども好みの食事というか、共通してるのが、パン好き、コーヒー好きだったんですよね。
朝は、必ずパンとコーヒー。
まぁ、年齢がみんな、50才過ぎだったから、たまたまかもしれないけど。
名無しさん
うちの子供は幸いにも脂っこい物が嫌いだから良かった
名無しさん
こういう情報は鵜呑みにしないほうがいい。だいたい「子供好みの食事」ってなんだよ。ハンバーグや揚げ物だったら大人だって大好きだし普通に食べるでしょうが。それに、そういうのばかり食べてても高齢まで元気な人だっていっぱいいますよ。病気になる原因は複合的なものであり、ひとつの原因だけでは推し量れない。そのリスクは、体質、遺伝子、食生活、運動量、など1人1人違ってくるので、かえってクヨクヨ気にしすぎないほうがよい。
名無しさん
揚げ物ってむしろ、若手の男性がより好むものだと思ってた。
ハンバーグやカレーは子供たちが好きなベストテンに
入っていると思うけど。(苦手なコもいますが)
やっぱり歳と共に、薄味でいに負担がかからない食べ物がいいのかな。
名無しさん
リスクを完全に避けて生活するのは難しい。
でも予防出来るのならやっておいて損はないでしょうね。
おちゃっぴい
わかった、気をつけますね。ありがとう。
名無しさん
敢えて言うと、介護、介護で長生きするよりも、孫が成人したくらいで逝った方が残された家族も良い思い出だけを持ってくれると思う。
だから家族にはもし自分の意思表示か出来ない状態で治療方針を選ばなければならなくなったら寝たきりになるような延命治療は拒否するように伝えてある。
ville
これ、ラストの一文がおかしいよね。
大人と子供の食事を分けるのではなく、大人(特に高齢者)が一緒だったら大人の食事に合わせるように子供に教育するのが正しいのでは?
子供が喜ぶメニューばかりを食べ続けていたら、それが正しいと思って子供が大人になってもこのメニューを食べ続けて自身が膵臓を痛めるリスクを負ってしまうのでは?
個人的には「大人と子供が同じ食卓で別メニュー」という発想は嫌いです。
名無しさん
健康健康って、じゃあ、一体、何を食べたらいいのかね?
名無しさん
マスメディアは心臓や肝臓、腎臓、肺の病気を取り上げる事が多いけど、すい臓を取り上げる事が少ないから困る。
すい臓には二つの働きがあり、一つは血糖値を下げるホルモン(インスリン)や、血糖値を上げるホルモン(グルカゴン)を生産し、血糖値をコントロールする。
もう一つの働きは、食べ物を食べた時の消化に必要な消化酵素〔炭水化物を分解するアミラーゼ、たんぱく質を分解するトリプシン、脂肪を分解するリパーゼ〕 などを含んだ「膵液」という消化液を分泌する。
とあるように、機能を低下ならびに悪化させたら即生命の危機に繋がるから、暴飲暴食をしたり、過度なプロテインの摂取は危険なので、食欲やトレーニング量は上手いことコントロールしなくてはいけない、、、。
名無しさん
違うよ。放射能のせいやろ
名無しさん
体重減少以外は当てはまってるけど、まぁ変える気は無い。長く生きることに興味も無い。
名無しさん
何食ってもいずれかは死ぬ。
名無しさん
78まで好きなもん食って生きてきたんやからええやん!
名無しさん
つまり野菜をたくさん食べれば良いんだろ?
名無しさん
子供と大人の食事を分けるべきだ?
毎食??
何言ってんのこの人、毎食作ってないからそんな気軽なべき論言えるんだね、バカじゃないの。
名無しさん
脂っこい料理もだが
加工品がいけないらしい
ゾロ目
変な記事だ。
名無しさん
何を食べても習慣になっててもリスクリスク
胡散臭いことこの上ない
こういう記事をまともに受ける人もいるんだからせめて全てのリスクの統計くらい取ってから記事にしなよ
人間生きてれば何らかのリスクはあって当然だろうくだらない


スポンサーリンク


名無しさん
流行の糖質制限は高脂肪食になるから、膵臓には最悪ってことなんだ。
名無しさん
長生きするために生まれたわけじゃない。
意志を持って生まれたわけでもない。
ただ生かされていることを忘れなければ、50年くらいは持つ身体を授かるらしい。
(T_T)
弱っていると思う…自分のすい臓。
次の人間ドック、ヤバイ
名無しさん
死ぬ時は死ぬ^^今日交通事故に遭うかもしれないし♪(´θ`)
名無しさん
私のおばあちゃんが、働く母に代わって毎日揚げ物ばかりしていました。やはり手軽に食べられて、孫が喜ぶからです。その時(小学生)、胸焼け程度で医者にかかる事もなかったのですが・・・。その後20代前半にして猛烈な腹痛に見舞われ、搬送先の病院でアミラーゼ値の異常指摘、膵炎のケがあると言われました。酒も飲んでいませんでしたし、食事も油ものが嫌いで避けていたにも関わらずです。今になって思えば、あの時代に祖母が作った食事が原因としか思えません。20代にして生涯アルコール禁止、食事制限有りの人生となりました。祖母を恨むことはしませんが、やり切れない時があります。
おじいちゃん・おばあちゃん、本当に子供がかわいいと思うならば、揚げ物や脂っこいものは極力避けた方が良いです。あなたの死後、孫が苦しむことになるからです。お母さん方も、子供が胸焼けすると言う時は食事を見直してください。
名無しさん
78歳なら、どんな病気になったって特別でも珍しくもありませんよ。
知人の親は、ピンピンしていたのに、ある日突然、69歳で亡くなりました(心筋梗塞)。
名無しさん
教えてあげたいママ友がいる
名無しさん
有名人でもすい臓がんで亡くなる方、最近多いように思う。罹患率自体はそれほど高くないと思うんだけど。
基本的な健康診断に腹部エコーくらいはつけたらいいのに。
すい臓は膵炎レベルでも相当しんどい。
abc
あー、膵臓、背中が痛いのは、もしかしたらそうかも・・・
市で検診やってないかな?気を付けよ。
名無しさん
孫が好きだ、と言ってもから揚げ・ハンバーグが頻繁に食卓に上るのが問題。孫の将来を考えたらもっと脂・油を減らしてバランスのいい献立にしないと。。
「子供が好きだから」なんて言い訳されると子供はかなりイヤな気分になります。
「え?!自分のせいでおばあちゃんを病気にしちゃったの??」と自己嫌悪に陥ります。
名無しさん
子どもにおひたしだの煮物を食べさせればいいだけ。
毎日少しでも出さないから、食べない。
揚げ物も毎日じゃなければいいと思う。バランスが悪いのが一番よくないのじゃないの?
名無しさん
栄養素の過剰摂取が原因だろ
人間はちょっとした飢餓状態でいた方が健康的だよ
名無しさん
日本の食品添加物は世界でかなり高いレベルでいい加減!コンビニの食べものは、危険なものばかりだし、危険な国です!
名無しさん
食べ物で染色体が傷つけられているのですから、子供を作るなら男女共に早い方が良いわね。
hatanakami
肉をひとまとめに悪者にしないでほしい。
脂の多い部位やソーセージやベーコンと
脂の少ない部位はいろんな意味で違うし、
カロリーだけではなく栄養や分解も違う。
長時間フライパンで焼く焦げ目のついたハンバーグと、鍋に入れる肉団子や蒸気で蒸すシューマイは発癌性も違うし。
部位や調理方法でも肉に違いはあるよ。
名無しさん
あぶっらこいのが問題ではなく、遺伝子組み換え油で抗生剤まみれの鶏肉を揚げれば、誰だってガンなどの病気になると思う。ハンバーガーを始め、こういう物が最近の大腸ガン、乳癌、不妊症の原因かと考えています。
名無しさん
肉の過剰摂取は大腸を悪性化して腐らせる。
靴下温めますか?
食事分けるより、調理法を変えればいーだけでは?揚げるのがダメなら焼いて油飛ばせばいーし、油がそもそも原因ならヘルシーな油使えばいい。
名無しさん
私の嫁は慢性膵炎で30才で突然死しました(ノД`)…
名無しさん
孫がモリモリ食べるのが嬉しくて揚げ物作るおばあちゃんの気持ちは、どうしても叩けない。
名無しさん
子供好みの食事ってどんなものだろう?
名無しさん
もっとすい臓も調べられるような健康診断の内容にしてほしい。知人はまだ40代前半で毎年会社の健康診断を受けていたのに行きなり余命数ヵ月のすい臓ガンが見つかった。私の祖母もそう。すい臓に対してもう少し初期に見つかるような検査を取り入れることできないのかな?
ラブラブ愛してる?
そもそもは生活習慣の問題だろ!
偏った食生活はいかんて昔からよく言われてるごく当たり前のことを徹底してないだけの話。
好きなもんばかり作る、食べるてのは結局甘やかしの始まりで、改善を促す立場の大人が自らそうさせてるのがその一因ではないのか?
昔からバランスよく何でも食べろと言われて育ったものだが、これに反して子の好きな脂っこい食事ばかりてのがそもそも問題なんだと先のことを考えて思いとどまるべきだったな!
何でも食えとは、昔は食うもんなかったり、何でも食えるもん食える時に食えというところから来ているんだろうが、逆に今では裕福になり、嫌いだからと食わなくても食わせないやつが多いし、怒ることもなくなったからこういう結果を招いてるんだろう。医学的なことをどうこういう前にまず改めるべきところから改善していくことが手っ取り早いと思うのだが。
すい臓がんは位置的に手術難しいんですよね、、
名無しさん
膵臓と聞くと
君の膵臓を食べたいを思い出す
いい映画だったなぁ
記事と関係なくてごめんなさい
名無しさん
仕事でエコー検査をしていますが、せっかく人間ドックでエコーを受けに来てくれても、お腹に脂肪が沢山付いている人は膵臓がよく見えません
という事は、膵臓に病変があっても見えません
本当食生活には気を使ってください
名無しさん
医学に任せろ。
名無しさん
私の父はタバコも吸わずお酒も嗜む程度。食事内容も普通。運動をしていましたが、膵癌発見から4カ月で逝ってしまいました。
何を食べてもなる人はなるかと、、、
怖い病気です。
nya
そろそろ唐揚げやハンバーグともお別れか、寂しいのう。

 

注目ニュース