冷えというのは我々から体調や魅力を奪い取り、必要以上の脂肪だったり不調を引き起こす女性の天敵。女性のおそよ8割が冷え症を感じているそうです。あなたも本当は隠れ冷え症なのではないでしょうか。

 

冷え症=脂肪量の多くない華奢な女性、そんな印象を持っている皆様、本日から「冷えは肥満になりやすい体質を作る」といった考えに切り替えましょう。どうして人体が冷たくなると肥満になりやすくなってしまうのか、この理由を解説していきます。

 

代謝活動がダウンし体重が減りにくい体質になってしまう

気温の低い環境や冷えた飲食物で人体を冷やしてしまったら、血の流れが乱れ、その為に、体全体に熱や栄養分が届けられず、先端の冷えだったり代謝の低下を生じさせます。

 

冷えだけに限らず、運動不足によって筋力の低下、そしてキツい矯正下着の締めつけであっても血行不良での冷え症がもたらされる原因ですので注意してください。基礎代謝の高くない体で過酷な運動をやっても、基礎代謝の高い人かのようにはエネルギーを使用不可能です。

 

加えて、同様の量の食事を変わりなく召し上がっても、基礎代謝の低い人のほうが脂肪となって保持する量は増えてしまうのです。こういった様に体の冷えと血行不良、体重が減りにくい体質はきっちり連動してるのです。雪だるまみたいな身体になる前に、一番初めは入浴だったりストレッチなど、血液循環を良くする習慣をしましょう。

太もも(足)を痩せる 細くするには立ち方や姿勢が重要?

下半身がむくんでしまう

秋や冬場に脚がパンパンになってしまう女性陣はご注意ください。血の巡りが良くないと不要な物質が滑らかに流れていかず、むくみとなって外見に出てきます。とりわけむくみ易いのは心臓から離れているふくらはぎです。冷え症は体質が原因で痩せづらくなるだけじゃなく、美脚すらも失ってしまいます。

 

自ら流れて行かない水分だったり不要な物質は、マッサージで循環させてください。加えて、ふくらはぎの筋力不足ですら冷えとむくみに深く関わる要因です。ふくらはぎの他の呼び方は第2の心臓です。血の流れに影響を及ぼす部分ですから、ここのところを鍛え上げる運動を率先してやってみるのも良いでしょう。

下半身を痩せて脚を長くするヒップアップエクササイズ方法

便秘の原因になってしまう

寒い季節になるとお通じが悪化する、またはコロコロとした便のみしか出ないといった女性の方々は、冷えが原因の便秘だという可能性が高いです。血の流れが悪くなって冷えてしまうのは手と足だけとは異なります。内臓の血の巡りが悪化すると、それに合わせて腸の活動も悪化していきます。

 

それが内臓型冷え性が原因の便秘です。腹部に触れた時に冷えていると感じている人は黄色信号になります。ポッコリお腹になり代わるばかりか、血がどろどろになって、なお一層血流が悪化するという負の無限連鎖が生じる可能性もあえいます。適切な形で腸のお掃除をした方が良いでしょう。

 

便秘解消する時の注意点

内臓型冷え性様の便秘を何とかするには、まずお腹を温かくすることになります。湯たんぽであったり腹巻き、あるいは腸もみマッサージあたりで外部からアタックするのも十分です。

 

人体を温かくする効き目がある食材(生姜、かぼちゃ、サツマイモ、にんにく、白菜、ゴボウetc…)によって内部に影響を与えるのもOKです。朝一番に白湯を飲むこともおすすめです。

 

こういった内臓を温めるといった行いは、冷え性の改善に効き目ありありです。ついでに申しますと、便秘解消果物の代表として言うことができるバナナは体を冷たくする食材なのです。季節やからだの状態に応じて摂り入れる物をセレクトしましょう。

 

鉄分不足だと冷え性になる?

女性の人の大半は貧血傾向だと言われるくらい、鉄分が不足している状況な人が多いです。生理も見られるため男性の人に比べて必要以上に鉄分を体内に入れることが重要になります。

 

鉄分不足については冷え性にも結びついておりますが、なぜならば身体の中に酸素をきっちりと送れているかいなかに繋がりがあります。

 

最初に貧血が起こる人は血液の量が多くないのとは違って、酸素が身体全体に十分に運ばれて無いこともあります。酸素が循環しないせいで代謝が正常でなくなり、体が冷えやすい状態になってしまうのです。

 

鉄分と言うと血液の中で酸素を送るために大切な役割をはたしてもらっているので、鉄不足を何とかする必要が必要です。

妊娠中でも安全にできる足痩せダイエット方法 妊婦さんでも脚を細くしよう

鉄分の不足を改善する方法

厚生労働省の基準の場合でも、女性陣は男性の方と比べて鉄分を必要以上に摂り入れるよう声を掛けております。特に生理が見られる間は進んで鉄分を取り入れるべきです。

 

1日あたり平均で10mg以上40mg以下が効果的で、妊娠中に関しては一層多めの摂り入れを忘れないようにすることが重要になります。

 

けれどもこれらの基準を満たすには計画性のある食事に努力しないと簡単には摂取することができない量なのです。

 

鉄分がたくさん含まれている豚レバーに関しては100gで約13mgとなります。好きな人についてはペロリと食べることができることも考えられますが、一日毎にとなるとしんどいではありませんか。卵または大豆、あるいは海藻類などの鉄分のいっぱいある食材は結構あるので、鉄分の不足を何とかするには自炊を意識すると良いと言えそうです。

 

塩分は体を温める効果がある

気温が下がると腎臓が弱まってしまいます。寒気によって身体が冷えて腎臓のはたらきが失速する為です。ところが、空腹になりやすい寒い季節は甘いものや脂っぽい食材を口に運びたくなってしまって、さらに身体の冷えをスピードアップさせてしまうのです。

 

現実は「甘いものを味わいたい」「油っぽいものを味わいたい」と感じているのは、身体の中のミネラルバランスが崩れているためになります。

 

このミネラルバランスを整理してもらえるのが塩分です。塩分と言うとむくむのでは と思われることが多いですが、自然のミネラルを含んだ塩は、カリウム・マグネシウムが大量にあって、むくみが引き起こされるあり余った水分をとり除いて、体内を温かくしてもらえます。

 

塩分を我慢すると身体の冷えに結び付く事を覚えておくようにしておいてください。

 

塩分不足の改善方法

塩辛い物は好物だから塩分不足なわけがなかろうと思っている方は、どういう塩を摂取しているのか確認し直していきましょう。食べ物の成分にすでに入っている塩の大半が、塩化ナトリウムでミネラルが入っていません。

 

これらに関してはむくみの要因となり冷えが引き起こされます。天然の塩や醤油、それに味噌に入っている塩分に関しては、体を温めてくれるミネラルが大量なものなので大丈夫です。自炊を意識して天然の塩をチョイスし料理をしてみてください。

 

冷え性は太りやすいのまとめ

冷え症は簡単に太ると考えられる原因、ご理解頂けましたか?冷えについてはダイエット面ばかりか、肌の荒れ、そして生理痛や頭痛の悪化、あるいは肩コリ、免疫力の低下などという、色んな負担をかける元となります。

 

風邪を引いてしまうなど、体に痛みを伴う間は、健全に体重が落ちる為のエクササイズだって行なえません。冷えを酷くさせないために、早い時期から意識をするようにして、代謝の高い華奢な身体を維持しましょう。

注目ニュース